2016年9月更新

ヒマラヤ杉  F6   08.9.17



群馬の森公園のヒマラヤ杉です



水  辺  F6   13.9.4、



群馬の森橋の下の水辺です、水鳥でも泳いでくればと期待したのですがだめでした。


女  坂  F6   15.8.11



少林山に正面から上るには長い石段がありますがその横に丸太でできた坂、
女坂があります



敷島公園  F6   11.8.17



前橋にある夏の公園の池です



絵馬掛け弁天橋  F6   16.8.19



玉村八幡宮の社殿の左に水路に囲まれた小さな島の中に厳島神社があり、この赤い太鼓橋を渡ると
絵馬を掛ける場所があります。



 神 木  F6   16.8.3



随身門をくぐると目の前に天高く生い茂った双幹の幹にしめ縄を取り付けた御神木(くすのき)が目に
入ります。家内安全夫婦円満厄除け開運の御利益が授かると古来より伝えられているそうです。


大 内 宿  F6   16.8.23




街道にあった家なのですが屋根の造りが屋根半分高くなっていてその上に小屋根があります。何の
ためなのか聞きたかったので水が、朝早くお店も開いておらず聞くことができませんでした 。 



一軒家の茅葺民家  F6   16.4.23



街道から少し離れた小川を渡ったところにありましたがそばで見ると大修理か移築したような感じでした
屋根には立派な小屋根がついています。見晴らしがよくこんな所でのんびしたいものです。

今月もご覧頂有難う御座いました


日本の民家(長野・群馬・福井・新潟・青森。福島)2016〜2008
茅葺民家や古い建物であす



信州の茅葺民家(長野)  F6  13.5.8



野尻湖の南にある山水村です。豊田飯山ICを下り南へ車を走らせている道のすぐ脇にぽつんと一軒
建っいました。家の周りに数本の木があるだけで寂しい感じでした。でも庭に軽トラがありました。



群馬の民家(群馬)  F6   11.5.23



沼田の北、川場村の茅葺民家です。大きな木に囲まれ描きずらい家でした。冬の葉のない時期に
描けばよいのですが雪の心配もありなかなかうまく行きません。



在原の茅葺民家 (福井) F6   14.4.8 



集落の奥のほうにあった茅葺民家です。棟が少し傾き始めたようです、手が回らないのでしょうか
残念です。 



板取宿の茅葺民家(福井)  F6   18.4.9



板取宿は福井県南越前町にあります、敦賀の近くの山の中です。5月の木の芽峠の茶屋に上る道がこの
近くにあります。国道R365から旧道に入り石畳の道を登ると道の両側に向き合うように建っていました。
感激です二軒は今も生活しているそうですが留守のようでした。




月夜野の茅葺民家(群馬)  F6   13.6.10



真沢棚田のスケッチの帰り道。前から茅葺民家があると聞いていた小川集落へ寄ったのですが屋根の
痛みがひどく空き家でした。他には無いとの集落の人々の話でがっかりしながら車を走らせ5分もたた
ないとき茅葺らしき屋根が目に入りました。歩いて確かめるとまだ生活しています。しかし家々に
囲まれ全体が見える場所がなくやっと見つかったのが山の中の道、杉林の間からでした。



高山村の茅葺民家(群馬)  F6   13.6.10



高山村で予定していた所で茅葺民家が見つからず村内の国道R145を走っているときに突然目に
入った茅葺民家です。国道に沿って建てられていました。まさかこんな所にあるとは驚きでした。



安中藩の茅葺の家 (群馬)  F6   08.10.8 





旧高柳町荻の島(新潟)  F6   11.6.16

この地方にはこのような造りの家が多くあります、曲家、中門造り、鍵屋など入り口棟の高さ
などいくらか違いがあるようです。この家は突き出ている部分が二階建てになっていました。



二階建ての茅葺民家(新潟)  F6   11.6・16

この家も高柳町荻の島の家です。この家は母屋も突き出ている部分も茅葺屋根なのですが母屋が
あとから付け足したような二階家になっていました。




中門造りの家 (新潟) F611.6.17

荻の島の民家です。屋根は全部茅葺です今は少なくなりました。



大木のある家(新潟)  F6   11.6.17

環状集落に入る手前の坂を上り詰めたところにありました、立派な造りの大きな家です。今までは反対側から
ばかり入ったので気がつきませんでした。




旧中里町の茅葺民家 (青森) F6   10.7.5

国道339号沿いのスーパーで一休み国道から奥の集落へ行く道の角でした。予定
とは反対側でしたが茅葺民家がありそうな気がし足を向けました遠くから茅葺屋根が
見え喜んだのですが道を行ったり来たりやっとたどり着(いた家です。
屋根の造りは前月の家と同じように、屋根の一部を切り上げ煙出しや採光の開口部が
造られています。又棟の押さえは木材で造られ両端は木材の厚板を加工し鞍のよう
に取り付けた風返しがついていました。この風返しは東北地方に多いようです。





国道沿いの茅葺民家(青森)  F4   10.7.5

次の三点は五所川原へ向かう国道339号沿いの茅葺の家です。 
この家はこじんまりとした家なのですが一寸変わった棟の家なのです。鉄板葺の棟押
さえの上に煙出しかと思われる小屋根があるのですがその棟が半円のように反り
になっていてとても立派です。飾りでしょうか今まで見たことがありませんでした。



田圃の中の茅葺民家(青森)  F4   10.7.5

田圃の中の家です。表側が見えないのですが今までと同じ造りのような感じでした。



二棟並んだ茅葺の家 (青森) F4   10.7.5

国道に沿って木柵がありその中にありました。住宅と倉庫か納屋のようですが今までと
違ってこの家には屋根に切り上げた開口部がありませんでした。棟押さえは簡単な
鉄板でしたが風返しは両方ともついていました。



水引集落の茅葺民家(福島)  F6   04.10.13

日光から北へ直線で約36km群馬と福島県の境に福島県舘岩村があります。
いくつかの集落にはまだ茅葺民家が残っていましたが、その中でもこの水引集落には
多くの茅葺民家がよく手入れをされ、立派に生活をされていました。




坂  道(福島)   F6   04.10.13

水引集落から畑や水田に通じる坂道です、この下に広い耕地が広がっていました。