2016年7月更新


随 神 門  F6   16.5.18



玉村町の街中を国道354昔の例幣使街道を東に向いて走ると左道沿いに大きな鳥居があり奥に
随神門を見ることができます。門から先は神域で森の中に玉村八幡宮社殿があります。随神門は
慶応元年(1865)約150年前に建造されました、入母屋造りの楼門で彫刻が施されています。



長 屋 門  F6   16.6.15



国道から一つ裏道にありました、重厚な門と扉などよく手入れされている感じです。門の前が畑でスケッチ
には良いところです、門の屋根の上に立派な瓦屋根が少し顔を出していました、昭和30年頃まで農業と
質屋を営んでいた旧家です。数棟ある大きな家の維持管理にご苦労なさっているとの話でした。



造り酒屋の路地  F6   16.6・。15



国道から南へ抜ける路地からのスケッチです。玉村町でそれも街中で造り続ける酒屋さんです。国道の
拡張で新しくなった店の軒下には新酒ができた合図の大きな杉玉(酒林)が吊るされていました。



赤い煙突  F6   16.6.15



この家は1705年から1983年まで酒造業を営む玉村宿を代表する商家でした、広い屋敷の
半分は大木に囲まれています、中ほどの所に煉瓦積みのような赤い煙突が立っています、蔵
  のような家も何軒か見られます。裏に廻って見るとつたの這った大きな白い蔵がありました。
国道側のお店「井田家住宅主屋」が近年国の有形文化財に登録されました18世紀初期に
建築されたと見られ玉村町で一番最古の民家です。



蔵に這うつた  F6   16.5.18




元造り酒屋の井田家の一番奥の蔵に這っているjつたです。北側で余り陽が
当たらないのですがつたは強いです。



つたの這う塀  f6   16.6.27



ブロックの塀に這っているつたです今年は虫や菌にやられず左側もっと先まで青々としています
このまま秋まで行けば紅葉するのですが。



大 内 宿  F6   16.4.22



大内宿の街道の突き当たりに小高い展望によい場所があります道の両側に並んだ茅葺の家が一望です
夕方近くになると人もほとんど見当たりませ。これからスケッチです。



鯉幟り舞う  F6   16.4.23



朝早くの大内宿です。スケッチは朝か夕方でないとこの通りいは人混みで思うよう描けませんので
朝食の前に民宿出てを描くことにしました。。


ご覧頂有難う御座いました8月も宜しくお願いいたします

2015年7月更新


仁王門に咲くあじさい  F6   15.6.17



高崎観音山の清水寺に上る536段の長い石段の途中に仁王門があります。木漏れ日の涼しい中の
石段は気持ちの良い気分です、両側に青や赤のあじさいが咲き訪れる人を待っているようでした。



青いあじさい  F6   15.6.17



仁王門を背にしてのスケッチです、この場所は青一色でした。



仁王門への道  F6   15.6.17



石段を上らずに仁王門に出る道なのですが数十年前竹垣があり絵に描いた覚えが
あり下ってみましたが住宅ができ今は通る人も少ないようです。



石段に咲くあじさい  F6   15.6.17



536段の石段の途中に鍵の手になった箇所が1箇所あります。ここで石段が切れ向かって左に石段の幅
二つ分ぐらい離れて石段になります。そこに馬頭観音があり下から登ると突き当たりになり自然に頭が下が
ります。ここまで上ると大悲閣(山門)が見えます画面右上木の間にかすかに赤く見えるのが山門です。



裸の根  F6   14.6.18



清水の山門のすぐ下に石段を横切る車道があります山の斜面を切り開いた道でそこにこの木は元気に
立っていました。よくこれで自立しているなという感じです驚きでした。



利根川に架かる鉄橋  F6  12.7.11



流れるのは利根川です鉄橋は新潟と東京をつなぐ上越線ですが今は直通の電車はありません新幹線
の時代になりました。鉄橋の下には棚下集落がありのどかなところです。



鬼無里の茅葺民家  F6  10.5.14 



長野から白馬への旧道にあった茅葺民家です。この道筋には多くの茅葺民家があり通るのが楽しみな
ところでした。



菜の花咲く茅葺民家  F6   08.5.15



群馬県高山村にあった茅葺民家です。






2014年7月更新

清水寺・田村堂  F6   14.6.18



高崎観音山の518段の石段を登った上に清水寺があります。石段の両側に植えられた
アジサイが見ごろを迎えカメラを手にした人なども上ってきます。その寺の境内に元治元年
(1864)下仁田戦争で戦死した高崎藩士36人の木造を安置した田村堂があります。



馬頭観音  F6   14.6.18



518段の石段の途中にこの馬頭観音があります。



綾戸のトンネル  F6   14.6.4



国道17号を沼田方面に向かって走り渋川市と沼田市の境にある岩をくり貫いた短いトンネル
をくぐり、出た右は利根川が流れ対岸には簗が見えます。これは沼田側からです




岩壁に挟まれた利根川  F6   14.6.4



トンネルを出た所は開けているのですが上下流は利根川が両岸の岩壁に挟まれ深い谷に
なっています遠くの橋は国道R17と棚下集落をつなぐ綾戸橋です。



綾戸の簗  F6   14.6.4



利根川の本流の中に作られている綾戸簗です。右の屋根の下ではそろそろ鮎の塩焼きが
始まる頃です鮎は塩焼きが1番ですね。奥の鉄橋は上越線でその上流にダムがあり若い
頃はダムの上流で腰まで水につかり鮎の友釣りをしたものですがおとりの鮎が弱る
ばかりであまりかからなかった思い出ばかりです



赤い屋根の家  F6   14.5.7



高崎・少林山の前の道を少し西に行ったところに碓氷川を跨ぐ鼻高橋があり川原へ降りる
道もあり時たまスケッチに出掛かるところです。そこに赤い屋根の家がありました。



在原の茅葺民家  F6   14.4.7



前月の続きです。この家も家の周りに雪囲いがしてあったのですが二日目に訪れたところ
母屋の囲いが取り払ってあり描き残してあった家の様子を描くことができました。



苔の生えた屋根  F6   14.4.8



同じく在原の民家です。茅葺の屋根は綺麗な苔で覆われていますが葺き替えの時期が過ぎた
感じです。家の周りには茅が保存されていました。残り少ない茅葺民家保存したいものです。



ベルンの街 スイス  はがき  ペン画に彩色



赤い屋根と尖塔とても綺麗でしたスイスの首都です



看  板   はがき   ペン画に彩色



ジュネーブの駅のホームで見た看板?

2013年7月更新

真沢の棚田  F6  13.6.10 



上越新幹線上毛高原駅から北西へ山道を車で10分ぐらい上ると急に深い森が開け眼下に棚田が広がっています。
棚田は大きく二つに分かれ、これは手前の急斜面にある棚田で昔からの手作りという感じです、昨日苗を植えた
との話でした。奥にある棚田は緩やかで区画整理が出来たようになっています。今も整備中のようでした。
棚田を見下ろすように三角屋根のしゃれたホテルが、中からリュックを背にした中年過ぎかと思われる数人が北へ
向かっていきました大峰山にでも行くのでしょうか。いいですね足が強ければ同行したい思いでした。
描く場所がなかなか定まらず奥へ行ったり上ったり下りたりやっとホテルのお庭をお借りしてのスケッチです。



矢 瀬 遺 跡  F6   13.6.10



平成4年(1992)旧月夜野町で発見された縄文時代の住居と祭紀、水場などです。縄文時代後期から晩年の
遺跡(国指定)で、上毛高原駅の東、利根川沿いの河岸段丘の上にあります。22軒あった集落でこの家は
ただ一軒一辺9m(5間)の大型住居で復元されたものです。入母屋で茅葺屋根草壁です。



四隅袖付炉の家  F6   13.6.10



四隅袖付炉とは丸い石を並べて作った囲炉裏のようなもので、家の真ん中ににあります。これをもつ住居は
全国的にも珍しいので復元されたものです。どうしたことか大型の一軒にはついていません。



利根川に架かる橋  F6   13.6.10



遺跡のすぐ下が利根川です川幅が狭くなっています流れは相当あるようです。描いていると
華やかな服装をした数人が乗ったリバーラフティングの大型ゴムボートが下っていきました。



小野上の棚田  F6   13.6.5



吾妻線小野上駅の北、山の中腹にある棚田です。この付近小さな棚田があちこちにあり棚田の里と
標示が立ててありましたが迷路のような中を走るのでまごつくばかりでした。



小野上の棚田(2)  F6   13.6.5



棚田は狭い所にあるので描く場所が思うようにならず四苦八苦するばかりです。



妙高と茅葺民家  F6   13.5.9



信州の野尻湖の湖畔から北へ上った古海の風景です。天気もよく残雪の妙高もはっきりと姿を現しています
珍しいことです。ほとんどの家が茅葺にトタンが被せてあり茅葺の家はやっと見つかるだけです。



新緑大出の吊橋  F6   12.6.6



信州の白馬駅の北、姫川に架かる吊り橋です。何回となく足を運んだ所ですが何時きても描きたくなる
所です。今日はあいにく白馬三山は雲の中裾がやっと見えるだけでした残念。  



古  城 (ドイツ・ライン河)  はがき  ペン画に彩色



河の両岸には次々に由緒ある古城が現れますその一つです。



税関所(ドイツ・ライン河  はがき   ペン画に彩色)



河の中にあった昔の税関所です






2012年7月更新

木陰の紫陽花  F6   12.6.26

朝のうちは曇っていたのですが日差しが強くなり、炎天下から逃れて公園の木陰へ、涼しいですね
ベンチでは多くの老人が池に咲く花菖蒲を前に、おしゃべりのようです。こんな所でゆっくりと時を
過ごしたいですね、毎日あくせくするばかりの日々です。



吊り橋と茅葺の家  F6   12.6.6

10時少し前にこの白馬の大出に来たのですが雪山の半分が雲に隠れ、白馬三山の姿を見ることができ
ません残念晴れることを期待しスケッチを。年々茅葺の家も無くなり今見えるのは3軒淋しいですね。
5月に来る予定でしたが雨で延びてしまい緑が濃くなり彩色も難しくなって来ました。





蕨平よりの白馬連峰  F6   12.6.7

朝早くから雪山とにらめっこをしたのですが、朝日に輝く雪山を見ることができないうちに、雲が
多くなり残念でした。上天気なのですが山だけ雲がかかっているのです。折角早起きしたので
近くにある蕨平集落へ20数年前に何度か来た所です、多くの茅葺民家もあり絵描きの
泊まる民宿もあったのに残念ながら1軒も茅葺の家を見ることができませんでした。



大出の茅葺民家  F6   12.6.7

白馬三山は雲の中、日頃の行い悪かったかな。吊り橋の北に茅葺の家があったような気がし道の
様子もわからぬままに歩いてみることに、ところが待っていたかのようにありました道の行く手に
立派な茅葺民家が急傾斜の高い屋根です、今まで見かけなかった造りの屋根でした。





内山の茅葺民家  F6   12.6.7

青木湖近くの内山集落にも多くの茅葺民家がありました、今残っているこの茅葺民家は良い場所に
建ちスケッチには有難いことです、何時までも残っていてもらいたい茅葺民家です。



神城よりの白馬  F6   10.5.15

長野からR33今のオリンピック道路で白馬村へ、美麻を過ぎると5月の晴れた日は、残雪の白馬が
水の張った田圃に、影を落としている風景が目に入り、楽しみな場所です。



湖畔の茅葺民家  F6   10.5.15

木崎湖の西側にある茅葺民家です。これは2年前のスケッチですが今回尋ねたところ屋根は茅葺のまま
残つていましたが家はすっかり手入れされ綺麗になっていました、家の周りにあった大きな柿の木と杉は
無くなっていました屋根が傷むのでしょう、でも茅葺屋根がそのまま残りありがたいことです。



無人の茅葺民家  F6   10.5.15

同じ木崎湖で道よりだいぶ上にあった家です2年前まで気がつかなかったのです。道から家までは
3段の畑になっていて荒れ放題でした。もう少し早く気がつけばなと思いながらのスケッチでした。
今回行ってみましたが左の小屋がつぶれていました。



城壁と尖塔  はがき  ペン画に彩色

ローデンブルグの城壁と塔です



城壁に囲まれた街  はがき   ペン画に彩色

城壁の上は通路になっていて歩きながら街を眺めることが出来ます





2011年7月更新

田麦の茅葺民家  F6   11.6.16

やっとこの上越市旧大島村田麦集落を訪れることが出来ました、と言うのは6年ばかり前の春に茅葺民家
があると聞き出かけたのですが雪で通行不能で戻ったことがあるのです。それ以来なかなか
機会がなく、今回やっと田麦集落の中に立つことが出来ました。
トタンを被せた家が多い中に10数軒茅葺の家が残っていました、休む間もなく夢中で描きました。
この大きな家は二階建ての中門造りの立派な茅葺の家でした。



坂の上の家  F6   11,6,16

同じ集落の中の車道から急な坂を上った上にあった家です。この家専用の道のようです。正面のほうから
描きたいと思ったのですが木立に囲まれて無理でした。




荻の島の民家  F6   11.6.17

この柏崎市旧高柳町荻の島は17年ぐらい前はよく足を運んだ懐かしいところです。全国でも珍しい環状集落
として国の農村景観指定を受けていたのでいつも茅葺の農村風景に会えると思っていましたが茅葺の家は
半減今日も目の前で大きな家が解体中でした。
中門造りの家がほとんどです、出口のある屋根はトタン葺きが多いのですがこの家は全部の屋根が茅葺に
なってました。前の家の裏庭に咲いた満開の花菖蒲を手前に具合よく茅葺民家が入りました。



覚 満 渕  F6   11.6.1

赤城山の頂上近くの新坂平のつつじを目当てに来たのですがどうしたことかまだ蕾が固いおまけに霧で視界が
悪くやむなくいくらか明るくみえる覚満渕へ向かいました。描いている間にも霧がかかり慌てましたが何とか描く
ことに。小学生ぐらいの一団が山から下ってきました折角の遠足かわいそうにと思っていましたら子供たちは
喜んでいると先生のお話でした。良い想いでになって貰いたいですね、みんな元気で家に帰ったかな。



風  車  F6   11.6.1

霧が深くなるばかりで覚満渕を下ることに、途中桜の里に寄り吊り橋とダムそれから牧場のある道の駅へ
ここの風車です。




山  門   F6   11.6.15

群馬の北、旧新治村の中を三国街道(現R17)が通っていました。街道の宿場町として栄えた須川宿そこを中心に
手づくりの体験が出来る、たくみの里があります。その外れに泰寧寺という紫陽花でも知られる古刹があり堂々と
した県指定重要文化財の山門があります。石段を上っても下っても紫陽花の花が見られないのです、剪定時期が
悪かったのか蕾も見られませんでした、折角出かけたのに残念でした。



街道の白い蔵  F6  11.6.15

たくみの里のある須川平から三国方面に下る所にありました。遠くの山の谷にはまだ白く雪が残っています。




木組みの家  F6   11.6.15

白い蔵の家と道を挟んだ反対側の家です。妻側が道に面し木組みが美しい家出した。



リアルト橋  はがき   ペン画に彩色

ベネツィアの大運河に架かる橋



小 運 河   はがき   ペン画に彩色

ベネツィアは家の周りは小道が無くみんな水路です。


2010年7月更新


五月の碓氷川  F6   10.5.2

碓氷峠から中山道国道18号に沿って流れてきた碓氷川も、この少し下流の高崎市街の
西で烏川と合流し利根川に入ります。



白馬の茅葺民家  F6   10.5.15

白馬村神城の茅葺民家です。しばらくぶりでこの辺を歩いてみました。ありました今まで気が
つかなかったのですが立派な茅葺民家が。近くにいたおばあさんの話によると民宿を
やっているとのことでした。温もりのある茅葺の屋根、囲炉裏を囲んでの
団欒懐かしいですね。





大町の茅葺民家  F6  10.5.15

大町の北白馬村に接する所に青木、中綱、木崎の仁科三湖があります。その中で一番小さな
中綱湖の近くにあった家でやはり民宿でした。この辺は標高825m看板がありました。



湖   畔  F6   10.5.15

木崎湖、湖畔の少し高いところからの風景です。



残   雪  F6   10.6.2

水上町の奥に谷川温泉があり、その少し手前から雪山を描く予定でしたが時期が遅くまだらな
雪になってしまいました。3時頃から雨の天気予報がぴたり、あわてて道具をしまう騒ぎに、
でも水上道の駅に来ると小降りに、足湯の看板につられて湯へ杉か檜の長い太い大木を
くりぬいて横にした中にお湯が流れていました。至福のひと時でした。




花 菖 蒲  F6   10.6.15

高崎郊外の浜川運動公園にある御布呂ヶ池に、花菖蒲が咲き多くの人がお訪れていました。
車椅子の人々も大勢来ていて楽しそうでした日陰が多く静かで良いところです。



清水寺のアジサイ  F6   10.6.16

天気予報では日中、雷やにわか雨なのですが朝降っていた雨も上がり陽がさし明るいので
アジサイの清水寺へ、まだ満開には少し早いようでしたが木によっては満開もありました。
描いているとポツリ雨です、あわてて車に逃げ込みずぶぬれにならずにすみました。





雨上がりの榛名山  F6   10.6.16

車の中で雨のやむのを待ったのですが小降りになったり降ったりやむなく移動してここ浜川の
新幹線高架下へ、車の中で描くことに雨もやみ榛名山がくっきりと顔お出しました。



双  塔  B5   90.4

ジュネーブからパリーまでの新幹線、途中停車した駅での車窓からのスケッチです。




三角の雪山  B5   90.4

スイス・グリンデルワルドからジュネーブまでのバスの中でのスケッチです。


09年7月更新

中門造りの民家  F6   09.5.7   

飯山市から国道R292を北上した県境近くに茅葺民家があると聞き車を走らせやっと出会った
のがこの2軒です。県境を越え新潟県に入った新井市の長沢という集落でした。



山を背にした民家  F6   09.5.7

山を背に前は川という狭い場l所に建つ平屋寄棟の茅葺民家です。軒先など補修されて
いますが茅葺全体が痛み始めたようです。





白い蔵  F6   09.5.7

中門造りの家より少し坂上石垣の上にありました



赤城白川  F6   09.5.27

赤城山南面にある赤城白川の小さな渓流です。
釣り糸をたれながら上流へ進む釣り人また昆虫採取用網を持ち何かを見つけている数人の人
まだ冷たい水に足をつけている人々人生それぞれ楽しんでいるようです。私たちもその仲間です。



吊り橋   F6   09.5.27

赤城白川にかかる吊り橋です、レンゲつつじが満開でした。



湖畔の桟橋  F6   09.6.10

榛名山頂にある湖です。昔はスケートで賑ったのですが今は氷が薄くワカサギの穴つりも
ほとんどできないようです。暖冬困ったものです。土産やさんも大あくび。
今日は雨が降らないのが幸いぐらいで湖面も山も霞んでいます。



山頂への道  F76   09.6.17

高崎の西にある観音山へ上る道の一つです。すぐ上に駐車場があり眺めの良いところです。
駐車は有料です念のため。



アジサイの清水寺  F6   09.6.17

500段一寸の石段がありその両側に20年ぐらい前から植えられているのですが
今年は花つきが悪いようです。このお寺は大同3年(808年)建立されたといわれ
昔はとても人が出て賑ったのですが今わ時々歩いている人がいるくらいです。



窓辺の鉢植え  A6   92.10

ローマ市内で見かけた石造りの家の窓にありました。



ホテルノキー  A6   90.10

ローマで宿泊したホテルノキーです。各ホテル色々工夫しているようです面白いので
各ホテルスケッチしましたなかには名刺より一回り大きな薄いものもありました。
この番号あまりよくないですね