2017年6月更新

倉賀野緑地からの烏川  F6   17.5.24



高崎公園の下を流れていた烏川です、遠くに見える橋の上で大きく蛇行しています。暑い日が続いた
のですが今日は荒れ模様の空で時たまポツリポツリありましたがスケッチには楽な日でした。



豊岡の一里塚  F6   17.5.20.



時々足の向くところです、榎木の大木の新緑と思ってきたのですが暑さ続きのためかもう初夏の姿で
した。右の道は碓氷川の堤防の上で左が国道18号です。浅間の見えるほうを向いて描くことが
多いのですが今日は反対東を向いて描いてみました。



川原の小道  F6   17.5.20




i一里塚の堤防の中は普段水の流れる幅は狭く林や畑にになっていますそこに自然に
小道が出来ています、アカシヤの花と思って来たたのですが遅かったようです。

銀杏並木  F6   17.5.21



高崎市街の銀杏並木です新緑を描きたいと思いきたのですがやはり遅かったようです。



銀杏の大木  F6   17,4.19



高崎公園の銀杏の大木で新緑真っ盛りです。双幹で堂々と公園を見下ろしていました。



大 内 宿  F6   16.4.20



朝早くの大内宿です、まだ人の姿もちらりほらり静かです、でも正面の家は店に商品が並べられていました。



駅裏の茅葺民家  A5   82.9.4



これは古いスケッチですこの頃は小さいスケッチブックをポケットに入れちよっとの時間で描くくことが
多かったのです。これから時々載せたいと思います。この家は山口県湯田温泉駅の裏にあり駅の
ホームから描きました。今はこの辺民家が蜜集しているようです。



運河の街 (油彩)   F10



これは油彩画です、古い絵ですがこれから載せたいと思います。これは水の都イタリアの
ベネツィアです。


ご覧頂有難う御座いました






2016年6月更新


沼田城址公園  F6   16.4.12



城はこの地方を支配していた沼田氏の居城として天文元年(1532)建築されその後1590年
真田昌幸の長男信幸(信之)が初代城主となり五代91年間真田氏の居城となりました。
五層の天守もあったようです現在西櫓台の石垣石段をわずか見ることができます。
鐘楼は再建されたものです。



天を覆う御殿桜  F6   16,4,12



西櫓台の石垣の上に樹齢400年と言われる御殿桜が元気に天を覆うっています。



大内宿  F6   16.4.22



昼頃この大内宿に着いたのですがスケッチどころでないような人混みでしたが夕方になるとあっという間に
人影も無くなり各店の戸締りが始まりました、これからスケッチです昼間見ておいた場場所です。。



大内宿の朝  F6   16.4.23



夜の明けるのを待って宿内の民宿を抜け出し外へもう人の姿がちらほら宿の通りの外まで足を伸ばし
一巡り耕運機で畑を耕す人に出会いました早いですね。帰りには道の両側に並んだ茅葺民家のお店も
店を開け始め五月節句の幟も2本揚がりました。朝宿の前で描いた1枚です。



妙義金銅山  F6   16.427



今日は朝から空模様が怪しく霧がだんだん降りてきました。この辺は標高600メートルぐらいで桜もまだ
満開です。



霧の中の金銅山  F6   16.4.27



霧がだいぶ降りてきました裾のにょきにょき立っている岩がやっと見えるだけです。



三四郎池  F4   16.5.15



孫の顔を見に五月祭りに出かけました、テントの下で群馬名物の焼きまんじゅうを元気に焼いていていました。
どこも人々やっと三四郎池の端で一休みとても綺麗な新緑です。鞄に忍ばせた小さなスケッチブッくに1枚。



安田講堂   F4    16.5.15



年のせいでしょうか思い出すのが安田講堂攻防戦です、かれこれ50年前です。


ご覧頂有難う御座いました、7月も宜しくお願いいたします

                                 



2015年5月更新

森の中の池  F6   15.5.27



今日は玉村町で旧令幣使街道に今も残る古い家並みを描く予定でしたが日中32度になる予報に急遽
近くの群馬の森公園で描くことに。大きな木々に囲まれ涼しく筆が進みました。ジョキングで汗を流す
人の多いのには驚きです。なにしろ健康管理が大切です、いつまでも健康でありたいものです。



東屋と赤松  F6   15.5.27



子供の遊び場そして池あり芝生あり大きな高い樹の茂る中にに東屋が点在し憩いの
場所としてとても良いころです。広々とした森には天敵の蚊はいないようでした。



アカシヤの咲く頃  F6   15.5.6



遠く榛名山水沢山でしようか霞んだ中にうっすらと見えます。左大きなアカシヤが満開です。見晴らし
の良いところに家が1軒良いところですね。



満開のアカシヤ  F6   15.5.6



観音山に上る道沿いに山小屋を思わせる家が1軒、満開のアカシヤが覆いかぶさっるように咲いて
いました。アカシヤの甘ったるい香りが家の中まで漂うことでしょう。



土手に咲くつつじ  F6   15.5.8



高崎城の面影残す水を讃えたお堀の土手に桜が終わると待ちかねたようにつつじが咲き始めます。
色とりどりのつつじの咲く土手の散策は良いものです。



軽井沢の教会  F6   12.5.22



ショー記念礼拝堂です。軽井沢の街外れから旧碓氷峠・熊野神社へ向かう途中にあります。



大出の茅葺  F6   12.6.7



長野県白馬村大出のつり橋の袂にある茅葺の家です。今まで物置かと思っていたのですが整備され
お茶所になったようです。のんびりとお茶と甘いものでも頂きのんびりしたいものですがだめですね。
昨年11月の大地震で全半壊が50軒近くあった様子、長年かよった想いでの地です。



白馬の白い蔵  F6   12.6.7



行く度に描いたりしたのですが母屋は相当疲れた様子でしたが白い蔵は壁も落ちずしっかりしている
ように見えましたが今回どうなったか行ってみたいと思っています。


2014年6月更新



二度上峠  F6   14.5.28



群馬と長野の県境近くの二度上峠(1390m)も緑一色になっていました。雷雨の予想通り浅間山は雲に覆われてい
ます雲の動きが早いのですが山頂は一瞬姿を見せただけです今まで何回か来ているのですがはじめてでした。



吹割の滝  F6   14.5.8



沼田からR120を日光方面に老神温泉を過ぎると、はるか下に吹割の滝があります。片品川の渓谷の中に幅30m余
高さ7m豪快な滝となって落ちる姿は見事なものでした。滝を見ながらの10割そばこれも見事な美味さでした。



アカシヤの咲く頃  F6   14.5.14



少林山下の碓氷川の堤防にアカシヤが咲き満開でした。花は小さいのですが綺麗なので何とか描いてみました。



鼻高展望花の丘  F6   14.5.7



高崎・少林山の上に鼻高展望花の丘があり菜の花が一面咲き乱れていましt。名の通り展望のよい
ところです北に榛名山右に赤城など山々が手にとるように見ることができます。



夕暮れの九十九川  F6   14.4.24



安中市郊外を流れる九十九川遠くには妙義山、夕暮れ近くになると川面が光り綺麗な風景が現れてきます。



メタセコイアの並木  F6   14.4.8



。マキノ高原から琵琶湖に向かう途中に新日本街路樹百景に選ばれたメタセコイア並木がありました。
約500本のメタセコイアが2.4kにわたって植えられ四季折々美しい表情を見せます、ちょうど新緑
になる前の芽が赤く膨らんだときで見事でした、



在原の茅葺民家  F6   14.4.8



前々から行ってみたいと思っていたのですが昨年火災により何軒か焼けたとネットで知りやっと出かけました。敦賀まで
JR後はレンタカーです。敦賀と琵琶湖の中間の急な勾配の険しい道、山に囲まれた盆地の中の小さな集落で30戸ぐ
らい残っていたそうですが現在茅葺はやっと10戸ぐらいでした。豪雪のところとあってまだ雪囲いがそのままでした。



椿咲く在原茅葺民家  F6   14.4.8



屋根は京都美山の茅葺集落北山型に似ていますが千木は取り付けていません。。都落ちした貴族や戦いに敗れた
武士も隠れ住んだ土地であるともいわれています。また平安時代の歌人在原業平が居住したとも言われ集落の
はずれに墓所の案内板もありました。小さな集落ですが一軒だけ店を開いている業平そば屋へ天然木の椅子
やテーブル素朴なっがらも心のこもった手打ちそばを味わいました。何か隠れ里のような感じにさせられました。



ジュネーブの街 スイス  はがき  ペン画に彩色



ジュネーブ公園 スイス  はがき   ペン画に彩色

2013年6月更新

接待所への道  F6   13.5.15



群馬県の西の嬬恋村(旧鎌原村)は今から230年前天明3年浅間山の大爆破により溶岩流の下になり
全滅しましたが小高い丘の上にあった鎌原観音堂の50段の階段を上った98人の村人と観音堂が
助かりました。その隣にこの接待所があり、残った村人の子孫の方々がお茶の接待をしたり
語り継がれた当時のお話を聞かせたりし、お堂をお守りしています。



水 車 小 屋  F6   13.5.15



一昨年の秋に観音堂をスケッチに来たので今回は付近のスケッチをいくつか。これはお蕎麦屋さんの水車です。



廃屋のある鎌原  F6   13.5.15 



観音堂の付近は畑や林です。その中に崩れた茅葺民家がありました。  



信州の春  F6   13.5.8



信州の野尻湖の南に旧三水村(現飯綱町)があります。15年ぐらい前に何回か茅葺民家を描きに歩いた所です。
今回も茅葺のスケッチに来たのですが様子が変わり茅葺があるか心配です。ピンクの桃畑と白いリンゴの花
黄色の菜の花、遠くには残雪の山々が目に入るばかりです。疲れた腰をおろして1枚春をスケッチしました。



茅葺民家と白い蔵  F6   13.5.8



犬も歩けば棒に当たるやっとありました。しかしどうも描きづらい場所なので、横道を奥へ進むと道が広くなり
立派な白壁の蔵が待っていました。茅葺民家と蔵を一緒に手前のリンゴの花が満開でした。



菅川の茅葺民家  F6   13.5.8



この茅葺民家は野尻湖の東、菅川集落にあった家です。この集落には6〜7軒の大きな茅葺の民家が
あったのですが昨年妙高への帰りにしばらくぶりに通って見ましたら1軒きり見当たらず無くならない
うちにと今回出かけてきました。



草 木 ダ ム  F6   13.5.1



足尾銅山で知られる足尾の山から流れる渡良瀬川にある重力式コンクリーと形式の多目的ダムです。
水没地の地名を取って草木ダムとなっています。ダムの上の草木湖も綺麗な所です。



レンゲツツジ  F6   11.6.1



前橋から赤城山に登る途中の桜の里です。霧の中にレンゲツツジが咲いていました。



古 井  戸   はがき   ペン画に彩色 



ローデンブルクの街の石畳の歩道にあった古い井戸です。



ローデンブルクへの道   はがき   ペン画に彩色



ローデンブルク近くの街道です。





2012年6月更新

森の教会  F6   12.5.23 

旧軽井沢の外れ、碓氷峠見晴台に通じる森に囲まれた道路沿いに、この教会
ショー記念礼拝堂があります。カナダ出身の宣教師が1888年(明治21年)に
建てた旧軽井沢の最初の別荘がこの奥に復元されています。

  



新緑の九十九川  F6   12.5.16

安中の九十九川です。気持ちのよい新緑です。でも5月も半ばを過ぎると日増しに
野山が濃い緑に囲まれ彩色がむづかしくなってきます。



魚   道    F6   12.5.16

農業用水を取るために川が堰で止められています。魚が上流へ上るための魚道が
作られていますが、魚にとっては飛び越えるのに大変なことでしょう。



花 の 丘   F6   12.5.14

高碕少林山の南、山の上に 鼻高展望台花の丘 があります。菜の花が盛りを過ぎ
ていましたがまだ一面咲き、バックに上毛の山々が見晴らせ絶好の場所です。
地域の住民の方々が荒れ放題の桑畑を約10年かけ多くの人々に訪れて頂き
元気を持って帰れる場所として、花を植えているのだそうです。



山の分校  F4   12.4.19

高崎の南に甘楽町があります。町から10キロぐらい山に囲まれた道を走った所に那須大橋がありここが
甘楽町の秋畑の那須という所です。ここに旧秋畑小那須分校が当時のまま保存されています。




裏妙義への道  F6   02.4.25

松井だの国道から裏妙義への道です、奥にある国民宿舎まで車で入ることが出来ます。
途中のダムから妙義湖に沿って走る眺めのよい道ですがガードレールの下は崖に
なっています。春の桜や新緑秋は紅葉の綺麗な所です。



長瀞町の茅葺民家  F6   12.3.14

埼玉の景勝地岩畳の長瀞より少し寄居よりにありました。この方面ではあまり
見かけなくなりましたがこまめに歩くとたまに見つかります。維持管理が
大変なことと思いますが何時までも残しておきたい思います。





腰越の民家  F6   12.3.15

小川町から県道を西へ走り、ガソリンスタンドの反対側に茅葺屋根らしきものちらり
戻り確認するも立ち木で見えず駐車場所をやっと見つけ歩いて確認、ありました
道路より低い所に手入れのされた大きな茅葺の家でした。





塔のある集落  はがき   ペン画に彩色

ドイツロマンチック街道のネリトリンゲンの町からローデンブルグへ
向かう途中の家々です。



街道の家  はがき   ペン画に彩色

大きい町から次の町までの間に小さな集落があり必ずそこには塔があります
教会のようです。





2011年6月更新

ビニールハウスに囲まれて  F6   11.5.23   

沼田市の北この川場村には何回も訪れていましたが、今まで走る車の中から木立に囲まれた中に茅葺屋根らしい
ものが見える所があり今回やっと農道を歩きこの茅葺民家に出会うことが出来ました。屋敷林を背にどっしりと
した立派な家です。残念なことに家の見える前にビニールハウスがありハウスも描くことにしました。



つつじ咲く茅葺民家  F6   11.5.23

旧白沢村今は沼田市ですがそこにあった家です。この辺は道路が整備され快適な道になりました。その道路に
沿った一段低い所に二階家があり、隠れるように茅葺の家が建っていました。走る車の中からチラッと
茅葺屋根が見え戻って確認した家です。今まで何回か通った道ですが気がつきませんでした。



新緑の頃  F6   11.5.25

今日はしばらくぶりの良いお天気でスケッチにはもってこいの日となりました。関越道、水上IC付近は
もうすっかり緑に包まれ残雪の谷川岳が輝いていました。



田圃に映る残雪の谷川岳  F6   11.5.25

田圃に水が張られ残雪の谷川岳が映っています。時折風が吹き消えては又映りの繰り返しですが
そうこうしているうちに田植え機が近くに迫ってきました。、早く描かなくてはとあせるばかりでした。




妙義山への道  F6   11.5.3

寒いうちはよく見える妙義山も緑が濃くなる今頃は霞んできます。遠くに見える三つの山の左から
金鶏・金洞・白雲山で三つの峰があり全体で妙義山といわれています。




小幡の武家屋敷  F6   11.5.18

  富岡の南に城下町小幡があります。江戸時代の面影を伝える「武家屋敷」また織田信長の次男信雄が手がけた
  大名庭園「楽山園」などがあり、10カ年計画の整備事業で江戸時代の姿にする復元工事も完成が近いようです。



楽 山 園  F6   11.5.18

7年の歳月と数万両の巨費を投じ造られた、池泉回遊式庭園です。ほぼ復元されたようです。



光る田圃  F6   11.5.23

沼田市の北、花咲きに通じる道路より見た棚田です。区画整理が済み整然とした田圃ですが輝いていました。




ゴ ン ド ラ  はがき   ペン画に彩色

ベネツィア・小運河に浮かぶゴンドラです



教会とゴンドラ  はがき   ペン画に彩色

サンタマリア・ディフラーリ教会と大運河手前はゴンドラのたまり場です。



2010年6月更新


豊岡の一里塚  F6   10.5.3

高崎から昔の中山道、国道18号を軽井沢方面に向かうと、すぐに国道と碓氷川の堤防が並んで
走るところがあり、その脇に江戸時代に造られた28番目の一里塚があります。
一里(約4km)ごとに造られたので江戸から112キロメートルのところです、塚は道標です。
土が盛られ中央に推定200年の榎の大木が、今も旅人ならぬ車を見守り続けています。





鬼無里の茅葺民家  F6   10.5.14

R406は戸隠から鬼無里を通り白馬へ向かうのですが沿線にあった茅葺民家もほとんどなくなりました。
山間に入ると開けたところがあり小さな集落がありました。その中に黄色の花が咲いた通りがあり
左右にやっと2軒の茅葺の家を見つけることができました。



蔵のある茅葺民家  F6   10.5.14

前のスケッチの左にある家です家の前は広々とした畑でどこまでも見渡せ眺めの良いところでした。
ちょうど家の前で農作業中のご夫婦にご挨拶。母屋の横の蔵には稲束が竿にかけてありました、
ためて屋根の葺き替えに使用するのでしょうか。



残雪の白馬  F6   10.5.15

和田の森のホテルの窓のカーテンをそっと開くと、4時半なのに北アルプスの山々が木の間越しに
輝いています。窓からスケッチが出来ると期待していたのですが5階まで木が茂り一寸無理の
ようです、十数年前描いたことがあるのですが残念。少し早いが外で描くことに、ところが
車の窓は氷でがりがり5月半ばでこれです、ここは標高900メートルぐらいあるかもしれません。
暖気運転で氷を解かしやっと良いポイントへと走り出したのですが、1〜2分も下らないのに
霧で視界ゼロ、ライトをつけ走るも危ないのでホテル付近まで戻り描くことにしました。
1時間も無駄にふらついてしまいました。カメラを持った人もぼつぼつ通るようになりました。



藤の咲く丘  F4   10.5.16

藤岡市の庚申山の一角に藤の咲く丘があります。毎年孫の発表会がありここに来るのですが藤の花が
咲き終わった後でしたが今年は例年より開花が1週間ぐらい遅れ花を見ることができました。
藤棚や見本園もあり又即売会などのお店も10店ぐらい出て賑っていました。





あかしや咲く庚申山  F4   10.5.16

庚申山へ上る途中アカシヤの白い花があちらこちらに咲いていました、甘酸っぱい香りがかすかに
漂っていました。



秋畑集落
  F6   10.5.19

那須大橋のかかる南斜面にへばりつくように大きな集落があります、平らなところはありません、畑もみんな傾斜地です。
よくここで生活が始まったのかと驚きですが小幡からここへ来るまでは山ばかりでした。

   

.

秋畑の民家  F6   10.5.12

ほとんどの家は切妻造りです2階建てで大きな家も多く見られます、屋根はトタン葺です。
昔は茅葺の家もあったと山から下りてきた老人の話でしたが茅葺はおろかトタンを
かぶせた家も見ることができませんでした。



シエンブルク城  B5   90.4

次の2枚はドイツのライン下りの船の上からのスケッチです。



古城  B5   90.4



09年6月更新


栄村の茅葺民家  F6   09.5.8

  長野県の県宝に指定されている阿部家住宅です。新潟県に接する豪雪の栄村にありました。
18世紀中期から後期にかけて造られたといわれ、この地域では最も古い家です。
この集落はほとんどこのような茅葺の家だったようですが今はトタンが被り一軒残っているだけです。
木造平屋建て、茅葺屋根で中門造り、いわゆる曲家と同じL字形になっていますがL字形の突出部分
に馬屋と便所があり、入り口のあるのが中門造りと呼ばれているようです。外は板壁でした。



東部町の茅葺民家  F6   09.5.22

長野県上田市の東、東部町に国の重要文化財の春原家住宅がありました。江戸時代初期より
この地に住んでいたようです。農家のようですが300年も前にこのような大きな家を建てた
とは驚きです、何のために。木造平屋の寄棟造りで茅葺屋根、煙出しが一つあります。
間口10.5間奥行4.5〜5間約50坪です。家の周りは土壁で、表と裏に出入り口が各二つと
窓が一つづつです。古い時代ほど壁面が多く閉鎖的であったようです。
裏には茅葺の土壁の家が母屋の屋根とぶつかり合うように建っていました。



茅葺の鉱泉  F6   07.10.11

東部町から小諸、御代田、軽井沢と続きます。その御代田に大谷地鉱泉があります茅葺屋根の
ひなびた農家と思われる造りの家です。創業1,806年大谷地鉱泉を守る友の会まであるそうです。
今は新館が横に出来ました効能は皮膚病とのことです。



軽井沢の茅葺民家  F6   09.5.22

軽井沢の西、発地集落には何度か足を運んだことがあるのですが反対方向から車を走らせて
いたせいか、いままでこの茅葺民家に気がつきませんでした。よく今まで健在であったものです。
この家は開口部の多い家です。群馬の榛名山麓周辺に多くあった榛名型という家の造りに似ています。
屋根の前面中央部を突き上げ、窓を作り屋根裏に採光をしたものです。
今から50年ぐらい前にこの辺の農家の軒先にリンゴの倍ぐらいに丸めた硬い味噌が吊るして
あるのを見たことがあり3年ぐらい吊るすのだと聞きましたがそのような家は見当たりません。


菜の花と千曲川  F6   09.5.7

今年やっと北信の飯山市にある菜の花をスケッチに行ってきました。
少し時期が遅いかなと思って行ったのですが畑や国道沿い一面菜の花で埋まっていました。
菜の花公園があり、すでに二組ばかり絵を描いています。私も後ろのほうで一枚
変わりやすい天気で空を見ながら描きました。
昼時ここまで来ては信州そばをと国道へ、道の駅がありそこで目に入ったのが笹寿司、
戦国時代上杉謙信も食べたという野戦食で北信の郷土色だそうです。
酢飯の上に山菜などを載せて笹でくるんだものです、酢が利いてさっぱりとした味でした。
何時も出かけたときはそばなので、信州そばも心残りでした。


頭を出した妙高  F6   09.5.8

昨晩の天気予報で朝は雨かと思いながら窓を開けると、目の前に妙高が頭だけ出して輝いていました。
あわててスケッチ間もなく雲の中へどうにか描くことができました。


稲倉の棚田
  F6   09.5.22

長野県上田市の北にあった棚田です。東部湯の丸IC で高速道を下り、一般道を北上、
稲倉の棚田の看板がありそれに従い棚田へ、一望できないほどの大きな棚田です。
水の張られた田圃は綺麗に光っています。まだ水の入らないところもあります。
老夫婦が田圃に入り下を向いて作業をいる姿が目に写りました。



めがね橋  F6   09.5.13

元信越本線、横川軽井沢間碓氷峠にある赤いレンガ造りのアーチ橋で国の重要文化財になっています。
この上を勾配がきついので山岳鉄道で使うアブと式という歯車の噛み合わせであえぎながら
列車は動いていました。この橋の出来たのが明治25年12月120年近くも前です。


北イタリア・テルニからオルヴィェート
車窓風景


車窓風景2