2017年4月更新

城址公園の桜  F6   17.3.15



 高崎城址公園内シンホニホール東側に咲いた桜です、若木なのですが色も赤くとても綺麗でしたの
で描いてみました。まだ回りの土塁の老木の桜は蕾が固いのですこれは早く咲く河津桜でしょうか。



高崎城東門  F6   17.3.15



 高崎城内には多くの門がありましたそのうち通用門の東門がこれです、現在乾櫓と並んで残されています。
高崎市指定重要文化財です。



白  梅  F6   17.3.15



頼政神社の境内にあった白梅です。



春を待つ公園  F6   17.2.16



 高崎公園は市内にあり大きくはないのですが西側が崖で下には国道17号それに烏川が流れ観音山が
借景のようです。池や噴水それに崖には滝が作られています春に天然記念物のハクレンの大木が咲き
追うようにして桜が咲きます、また大木もあり子供連れで四季楽しめるところです。



イチョウの大木  F6   17.2.1



公園内に大木が色々ありますがこれはイチョウです、春の芽吹きが待ちどうしいです。



公園の滝  F6   17.2.1



滝の上が公園後が国道17号その下に烏川が流れています。公園の池からのこの水は
枯れずに落ちています。



漁  船  F6   93.10.10



 九十九湾の入り江で休む漁船



能登の茅葺の家  F6   93.10.10



禄剛崎近くにあった茅葺の大きな家です。時間に追われて描いた能登のスケッチはこれで終わりです。




2016年4月更新

岩 櫃 山  F6   09.11.4



大河ドラマ真田丸に時々名前の出る岩櫃城のあった岩櫃山です。吾妻川に沿った吾妻町にあり
標高802mの岩山です、鎌倉戦国時代真田幸村も幼少の頃過ごしたといわれています。



倉賀野城址の桜  F6   15.4.6



高崎の南、烏川が正面からぶつかる断崖の上に咲く桜です。このあたりは14世紀末に倉賀野氏
を名のる子孫が倉賀野城を築城したところで城跡の碑がありま。この下が断崖です。



倉賀野城址の桜(2)  F6   15.4.6



下流を見たところです.奥に見える橋は共栄橋です



美術館に咲河津桜  F6   16.3.16



群馬の森公園の中にある美術館の前に赤く咲く河津桜が咲きました。近年数本植えたようです。
手前の長く伸びた枝は桜の古木ですがまだ蕾みが動いた様子は見られませんでした。



高崎城址に咲くあんず  F6   16.3.8



高崎城址公園の入り口お堀に面して乾櫓が建っています。この1本だけ満開散り始めていましたお堀の土手の
桜は固い蕾みですよく見ると上のほうにあんずと書かれた名札がありました。いままで気がつきませんでした。



梅  林  F6    16.3.2



群馬の森公園北口から入った井野川沿いにあるので毎年ここに来るのですが白い花が多くなかなか
思ったように描くことができません、いつも四苦八苦するばかりですがつい足が向いてしまいます。



五十沢の茅葺民家  F6   15.11.13



五十沢の茅葺民家これが最後です、もう少しこまめに探せ良いのですが時間に追われながら
やっと描きました。




 


2015年4月更新

満 開 の 桜  F6   15・3・31



咲きました庭の桜が今年は早い3月31日に満開とは今までになかったことです。
老木なのですが元気が良くやむなく枝を切っているのですが伸びるのです幹も
太りブロック塀を押し付け破損してしまいブロックをは外す羽目になりました。
手入れも特にしないのですが毎年よく咲き楽しませてくれますありがたいです。



榛 名 梅 林  F6   15.3.18



高崎市北西の丘陵から榛名山南麓に群馬三大梅林、秋間・榛名・箕郷があり東日本一の産地と
いわれています。ほとんどが実を収穫するための品種で白い花ですが丘陵一面が白くなり梅の
香りが広がりとても見事です。梅まつりが行なわれ梅製品の売店も出て休日はにぎわいます。
梅干を並べた無人の店も2軒ありお金を入れる貯金箱のようなものが置いてありました。
 



梅林への道  F6   15・3・18



梅林の中にいくつかの観賞コースがあります。自由に巡ることができ色々な角度から楽しめます。



老   梅  F6   15・3・18



このような古い梅ノ木があちこちに元気で残っていて見ごたえがあります。桜切る馬鹿うめ切らぬ
馬鹿とかいわれるようにこの老梅にも3箇所10センチ位の新しい切り口がありました。



河 津 桜  F6   15・3・16



高崎と前橋の境い関越道沿いの前橋鳥羽町にあり昨年に続いて今年も出かけてみました。
まだ早いかなと思ったのですがもう満開に近く赤が強くとても綺麗でした。



し だ れ 桜  F6  13.3.25


滝の慈眼寺として知られているお寺で高崎の東にあり奈良東大寺初代別当良弁僧正
(689〜775)によって開創されたといわれています。弘法大師もこの寺で護摩修法さ
れたという炉石が太師堂西にあります。しだれ桜は南北朝時代文和元年(1352)頃に
植えられ、それが続いているそうです。桜についての悲しい物語もあります。



三つ寺公園の桜  F6   13.4.9



この辺桜まだ早いかなと思いながら出かけましたが満開でした、池にスワン型のボートがあり
子供連れての憩いの場所としてよいところです。



赤煉瓦倉庫  F6   15.3.4 



高崎の東隣の玉村町の中を通る旧日光例幣使街道沿いに古い家が並び昔の面影が多少あったので
すが古い家が少なくなり昨年国の有形文化財に登録された造り酒屋さんのほか数軒となり寂しい感じ
になりました。この赤煉瓦の家は桐生信用金庫赤煉瓦倉庫とあり大正末期の建物のようです壊され
ず時々何かの催しに使われるそうです残しておきたいものですね。



追貝の茅葺民家  F6   14.4.24



沼田の奥の追貝です。手前に大きな桜がありその枝越しに描きました。


2014年4月更新

河 津 桜  F6   14.3.25



河津桜を描きに行ってきました。といっても伊豆でなく前橋ICの北にある河津桜です。関越道から
少し離れて並んでいる高圧線の下、150mくらいの間に濃いピンク色の河津桜がありちょうど
満開でした。数年前から話にきいて何回か足を運んだのですが満開は始めてでした。



梅  林  F6   14.2..19



おなじみの群馬の森公園の東側井野川に沿って小さな梅林があります。実が目的でないのか枝は
自然任せ伸び放題です。白梅の中に数本紅梅があります。今年は2回描いてきました。



梅  林 2  F6   14.3.19



同じ梅林の白梅です。後ろは井野川です。



梅林への道  F6   14.3.12



同じ梅林ですが前のスケッチより1週間前で5分咲き位でした。」



春近し井野川  F6   14.3.12



梅林より少し上流の井野川です。白梅が数本咲いています土手の枯れ草の中に
新しい芽が出始めていました。



妙義湖の桜  F6   11.4.21



妙義山の北側に国民宿舎妙義へ行く道があります。道に沿って中木川が流れ堰き止めて
出来た妙義湖があります。ダムをバックに見た桜です。



赤城山鍋割  F6   11.4.14



赤城山の裾を東西に走る道があり走りながら赤城山の変わる姿を眺めることが出来ます。
朝晩変化に富んで面白いものです。



茅葺民家  F6   11.6.16



新潟の高柳村ですが茅葺民家も少なくなりました。



ション城 スイス   はがき   ペン画に彩色



城の一部です



ション城 スイス   はがき   ペン画に彩色



城への入り口


2013年4月更新

みさと梅林  F6   13.3.28



群馬に秋間梅林、榛名梅林とこの箕郷梅林の三大梅林があります。花はもう終わりかと思ったのですが
箕郷梅林はまだ満開とネットで拝見早速出かけました。関東平野を一望する丘陵に10万本が植えられ
ています、おもに白梅なのですが満開が過ぎた感じでガクの薄茶が目立ちましたが見事な眺めでした。
食用にするため古くから栽培しているのですがこの時期は梅祭りを行って開放しています。



老   梅  F6   13.3.28



梅林内は三つの散策コースがあり梅林の中を散策できる観梅コースを歩いてみました。出合ったのがこの
老梅です10数本が並んで立派な花を咲かせていました、見事なものでした。何年ぐらい経つているのか
知りたかったのですがわかる人がいませんでした。



冬の榛名白川  F6   13.3.6



箕郷付近の榛名白川です、3月に入りそろそろ川原に春が来たかと出かけて
みましたがまだまだ遠く青いものは見当たりませんでした。



グリンドームの桜  F6   11.4.15



前橋敷島公園にあるグリンドーム横の桜です。左下は利根川遠く霞むのは榛名山です。



裏妙義への道  F6   12.4.21



国道18号を松井田から山に入り、妙義湖を通り裏妙義に行く道です。何時通っても四季折々の
風景に出合うことができます。



白井宿の八重桜  F6   12.4.28



渋川市の北国道17号沿いに白井宿があります。宿の中を南北に堰があり清流が流れています。
その堰の両側に植えられた八重桜です。今回ちょうど満開の桜を見ることができました。
つるべ井戸や古い家なども残っています。隣には道の駅「こもち」があります。



竹平の茅葺民家   F6   11.6.16



新潟の旧大島村から高柳町へ向かう途中の竹平集落にあった茅葺民家です。
こじんまりとして綺麗にされた家出した。



藤尾の茅葺民家   F6   11.6.16



やはり高柳町へ行く途中にあった家です。土手の奥にあり気がつかずにに通り過ぎる所でした。



公園の門 (ドイツ・ローデンブルク)    はがき   ペン画に彩色



街の中にある公園の入口です。とても眺めの良い高台にありました



塔(ドイツ・ローデンブルク)  はがき   ペン画に彩色



街を囲む城壁のところどころにある塔です。



2012年4月更新


崖  屋  F6   12.3.21

下仁田町からR254を西へ9キロばかり先に本宿集落があります、昔姫街道が通り西牧関所
がありました。当時は西上州では米の生産が出来ず信州の佐久米の取引市場があり上州
から生糸、麻、たばこ、漆などが取り引きされたようです。峠を通る旅人のために旅籠屋や
茶屋が数軒そのほか村人の家がありました。しかし三度も大火に見舞われましたが現在
街道の両側に古い民家が残っています、川沿いに建っている家が崖屋になっています。





川  原   F6   12.3.21

崖屋の下を流れる川で黒川川という名の川のようです上流も両岸は切り立っています。




越生の老梅   F6   12.3.15

高碕と八王子間を走る八高線の中間より10キロぐらい八王子よりに越生駅があります。
そこに関東3大梅林と数えられる越生梅林があり、600年も前に植えられた古木など
約千本あるようですが、紅梅は満開でしたが白梅は満開が数本三分咲き位が
ほとんどでした。梅林の中には多くの売店がありましたがこれは満開でした。



梅林と越辺川   F6   12.3.15

梅林に沿って流れる川です。ほんのりと梅の香りが漂いお弁当でも開きたくなる所でした。

 



山吹の里の水車   F6   12.3.15

「七重八重花は咲けども山吹の実の「蓑」一つなきぞ悲しき」と大田道灌のことは薄ら覚えで
頭の中にあったのですが場所がこことわ知りりませんでした。案内の地図を見ながら山吹の
里歴史公園を尋ねました。駅から一キロ足らずです、広い道路の下のようです車止められず
困りましたが何とか止め下りると茅葺の水車小屋があり水車が廻っていました。春には
千株の山吹が黄金色に輝くそうです説明板に県指定旧跡埼玉県となっていました。





茅葺民家   F6   12.3.14

越生の街に入り梅林はどこかと車を走らせていると、白壁の塀と大きな門が目に入りました。
何かあるなと車を止めたのですが四方立ち木に囲まれよく見えないので農道を少し下り離れた
所え見えました入母屋造りの立派な屋根が茅葺の民家のようでした。





芽吹く頃   F6   11.4.6

前橋県庁裏の利根川です、遠くに見えるのが群馬大橋です。

  



金洞山の桜   F6   11.4.27

妙義山の金洞山の裾に桜の里が広がります標高600メートルぐらいの所ですので下より
例年15日ぐらいく遅く満開になりますが岩肌をバックに見事に桜で埋め尽くされます。



教   会   はがき   ペン画に彩色

ドイツ、ミユヘンの教会です荘厳そのものです。ヨーロッパには
このような教会が多いです。



ミユヘンの街   はがき   ペン画に彩色

街の中にあった塔です



2011年4月更新

水車小屋  F6    11.3.2

旧箕郷町上芝には明治の頃30数基の水車がありましたが一基だけ残っていたのを解体修理して
保存したのがこの水車小屋です。管理人さんのお話では今も使用できますが1回に30キロの
米などがないと搗けないのと時間が1日かかるので使っていないそうです。そうですね今道端
で見かける無人の精米機は10キロで100円時間は5分ぐらいだいぶ違いますね。



下芝の茅葺の家  F4 11.2.27

高崎の郊外長野新幹線の高架下横にあった家です。よく今日まで残っていたものです、少し屋根が
傷み始めていましたが大事にしたいものです、現在物置になっているようでした。




安中の茅葺民家  F6   10.4.7

新島襄の旧宅の近くにありました。今もお住まいになっております何時までも残したい家です。
さくらが満開でした。



冬の榛名白川  F4   11.3.2

遠くの榛名山には雪が白く薄っすらと残っています、この辺はあまり雪が降らないのですが今年は
何回か降りました。川原はまだ枯れたススキなどで覆われたままです、今年は春が遅いようです。


梅林への道  F6   11.3.2  

水車小屋のスケッチのあとまだ日が高く風もなく寒さもうちばなので付近をぶらり梅林がありました。
遠くの榛名山の雪は朝ら見るとだいぶ融けたようです。



早春荒砥川      F4   10.3.3

昨年のスケッチですが土手には菜の花が咲き春がやってきていました。今年とはだいぶ違うようです。




宝積寺のしだれ桜  F6   10.4.13

甘楽町から県道を南へ秋畑に向かう途中に鎌倉末期にはあったといわれる宝積寺があります、
何か言われのあるような感じのお寺です。その本堂の前にこのしだれ桜があり、ちょうど
満開でとても見事に咲き誇っていました。



桜と金鶏山  F4   09.4.14

妙義山にはさくらの里があり満開の時期にはとても人で賑います。その入り口近くからの金鶏山と
満開のさくらです。この右下に金洞山をバックにさくらの里が広がります。




衛  兵  はがき   ペン画に彩色

世界最小の独立国バチカン市国がローマー市内にありそこにサンピエトロ寺院が聳え
立っています。入り口に独特の衣装の衛兵が立っています、スイスの兵隊だそうです。



フォロ・ロマーノ  はがき   ペン画に彩色

ローマ市内にあり遺跡の多いところです。


2010年4月更新


荒砥川の鉄橋  F6   10.3.3

前橋市東部を流れる荒砥川に架かる両毛線の鉄橋です。川原は菜の花で埋まると
綺麗なのですが今年は少ないようです。





拝領の老梅  F6   10.3.5

織田家の殿様からの拝領の梅で250年以上たっているそうですう。スケッチをしていると後ろにある古民家で
お蕎麦屋さんを開いているご主人が、老梅や小幡について色々お話をしてくださいました。




雄川の芋車  F6   10.3.5

小幡の町の中を流れる雄川に芋車が据え付けられ勢いよく回っていました。
簡単な仕掛けですが水の流れで綺麗にイモ類が洗われるのです、昔の人は
よく考えたものです。



秋間梅林  F6   10.3.17

安中市の北にある秋間梅林は35000本の紅や白梅で山一面が埋まり。
ほのかな梅の香りの中を散策する家族連れやカメラマンなどで休日は
大賑わいになります。



梅林からの妙義  F6   10.3.17

梅林の外れに伸び放題の梅ノ木が数本ありその奥に妙義山が
眺められる、よい場所がありました。




榛名白川の桜  F4   09.4.14

榛名山の南面を流れる榛名白川が箕郷に入ると、両岸に桜が
植えられ見事に咲いていました。



ナマコ壁の蔵  F6   09.4.24

ここ白沢村では今まで気がつかなかったのですが、ナマコ壁の蔵がありました。
蔵の横にあるのははコインを入れる精米所です。母屋も立派な茅葺の家した。




桜咲く茅葺民家   F6   09.4,24

まだ若木のようですが紅い桜が満開でした。手前のタコのような枝はリンゴで
しばらくすると白い花が一面を覆います。




鐘 楼  F6   

北イタリアにあるフイラーラの町です

   



塔の町  F4  

塔が乱立する北イタリア・サンジヤミニア



09年4月更新

満開の梅  F6   09.3.4
群馬の森公園東側にある梅林です。梅の実が目的でなく花を見るだけなのか、
手がはいらづ伸び放題で大きく茂っています。ほとんど白梅ですが
遠くに薄い赤が咲いていました。




春を待つ井野川  F6   09.3.4
川原も緑が多くなり、もう春のようです。




堤防の轍(前橋)  F6   08.3.22
荒砥川の堤防の上に出来た道ですが、車に踏まれても、めげず緑が芽吹いています。




菜の花咲く頃  F6   09.3.25
荒砥川に小さな川が合流する川辺一面が、菜の花で黄色く埋め尽くされていました。




三ツ寺公園の桜  F6   07.4.10
新幹線の湧き水を利用した池ですが、周囲に桜も植えられ憩いの場所となっています。




白雲山を背に桜咲く  F6   08.4.16
妙義の中の白雲山です。これより奥、金洞山の麓には桜の里があります。




茅葺民家(小野上)  F6   06.11.25
吾妻線小野上駅の北に大きな茅葺民家があると聞きやっと出かけたのですが
すでに無くなり残念でしたが、この家にめぐり合うことが出来ました。




河岸の石灯篭 (伊勢崎市) F6   08.5.12
昔江戸から利根川、広瀬川を経たこの地に船着場があり、そこにあった石灯篭の
ようです。今も広瀬川はすぐ近くを流れています。驚いたのが後ろに茅葺民家が
立派な姿で残っていたのです。街の真ん中です、いつ頃からあるのかお聞きした
いと思っています。




北イタリア・ベニスからフィレンツェ
長い橋梁・(走る車窓より)  A5   92.10




 (フィレンツェ)  A5   92.10
ヨーロッパの町にはかならづと言っていいほど街の中に塔が建っています。