2017年3月更新

頼 政 神 社 F6    17.1.16



  2月の市役所の見える坂の左上にあります。この辺は昔伊勢の森と言って鬱蒼とした森でした今は
国道などが出来崖も削られ狭い所にやっと建っていますが内村鑑三の碑が同居しています。見晴らし
の良いところです。神社は大河内輝貞が高崎城主になって建てられました元禄8年1695です。祭典に
は山車や神輿獅子舞などで賑わったと言われていますが今はお祭りの話は聞かれません。



白米の千枚田  F6   93.10.10



 輪島市にある棚田です階段のようです、2011年に世界農業遺産に指定された能登の「里山里海」です。
一枚の田に数株という小さな田もあるようで人力でないと耕作が無理でしょう、今はマイ田んぼのオーナー
を随時募集しています、田んぼの時期が終るとイルミネーションで飾られているようです。



禄剛崎灯台  F6   93,10.10



 能登半島の最先端海抜40メートルに近い断崖の上にあります。明治16年1883イギリス人が
設計をし仕事は日本人の手により2年かかって完成しました。



見 附 島  F6   93.10.10



 珠洲市にあります別名軍艦島ともいわれています。島の名前の由来は弘法大師が佐渡から
能登半島にやってきて最初に見つけたことから見附島と名がついたと言われています。



九十九湾近くの港  F6   93.10.10



港の名を絵を描いた時に禄剛崎と書いたのですがはっきりしないのです灯台から九十九湾に行く
途中にあった大きな港でした。



九十九湾入り江の漁船  F6   93.10.10



  能登半島の内浦側にあり大小九十九の入れ江があるリアス式海岸で海岸線は13キロあります。
多くの入り江に色々な漁船が停留しています、ここの船には集魚灯が取り付けられていました。



入り江の漁船  F6    93.10.10



ちょうど 集魚灯をつけた船が一艘戻ってきました。



魚道具小屋  F6   93.10.10



  漁船の停留所にあった小屋です。

有難う御座いました




2016年3月更新


兜造りの茅葺民家(山形)  F6   15.11.13



前月からの五十沢茅葺の里です。広い道路から奥に入った高台にありました。この五十沢には色々な造り
の茅葺の家がありますがこの家は立派な兜造りです。維持管理が大変なことと思いますがいつまでも
残しておきたいと思いました。



五十沢茅葺民家(山形)  F6    15・11・13



広い道路に沿って水路があり橋を渡ったところにありました。この家も兜造りですが右は入り口があり
中門造りというのでしょうか。



冬の赤城山  F6   08.1.12



冬の寒いときは赤城山はよく見えますこの日もよく見えましたが寒さと戦いながら描いた1枚です。
川は前橋の東を流れる広瀬川です。



とちのきの並木  F6   16.2.3



県道から群馬の森公園正門に通じる道の両側に植えられた並木で時々描くところでした。冬は竹箒を立て
たようです夏は大きな葉が茂りますが秋の紅葉は綺麗でした。ところが半月ほど過ぎて行ったところ枝が
切られ根は大きな筵に包まれ車に載せられていました並木が無くなり最後のスケッチとなりました。



冬枯れの並木  F6   16.2.3.



群馬の森の中の車道です左は欅右の大きな木は銀杏で秋はとても綺麗な黄葉になります。



井 野 川  F6    16.2.13



群馬の森の東を流れる井野川です冬になると描きたくなるところです今日は赤城山も良く見えところどころ
雪が残っていました。左側は梅林です花はまだちらほら満開でないと描くのが難しいのでよしました。。



  堤防の梅  F6   10.3.3



前橋の東を流れる荒砥川の堤防の下に咲く梅です。




                2015年3月更新

一 里 塚  F6   15.2.4



高崎の西、昔の中山道今の国道18号沿いの豊岡にあります。碓氷川の堤防に挟まれ元気に四季変わ
らぬ姿を見せてくれます。今日は遠くに雪化粧の浅間山が顔を出しています。風がなく暖かい日でした。



春 近 し  F6   15.2.4



一里塚の堤防から川原に降りてみました家庭菜園があちこちに見られます、皆さん丹精こめておられ
るようで綺麗になっています。もう菜の花が黄色く光っていました。



坂  道  F6   15.1.21



観音山に大きな車道のほかに生活用の道が斜面にいくつかありますがとても
急な坂道です。坂上から見た市街です。

炭焼き小屋  F6   15.1.15



安中のろうばいの郷です。何年か前に来た時隣接地に炭焼き小屋と小さな売店がありスケッチで
きるかと来たのですが残念売店がなくなり炭焼き小屋はあったのですが使っていないようでした。



冬の烏川  F6   14.1.7



天気が良いので寒い中、街外れの烏川に出かけスケッチした一枚です。とても綺麗に光っていたの
ですが描けませんだめですね。



雪の川原  F6   14.2.23



珍しく降った大雪がまだ残っていました。流れのそばまで下りてのスケッチです。



梅林への道  F6   14.3.19



箕郷梅林への道です。今年も出かけたいと思っています。



在原の茅葺民家(滋賀)  F6   14.4.7



琵琶湖の北にあるマキノ町在原の茅葺民家です、春は遠いようです。




2014年3月更新

残雪の浜川公園  F6   14.2.24



大雪から10日まだ公園の芝は雪に覆われています。でも大きなけや木
の下は雪が解け緑の芝が顔を出していました。



烏川と榛名山  F6   13.2.23



18日に来た時より雪が無くなりましたがまだ川原は一面雪です。遠くの榛名山も
白くなっています、こんなに榛名山が長く白くなっているのははじめてです。



浅間と碓氷川  F6   14.3.18



大雪の4日後の烏川です国道を跨ぐ歩道橋の下からの眺めです浅間山も見えます。風があり
ましたが橋脚が風除けになり強い日差しを浴び暖かい中で何とか描くことができました。



土塁と大きな石  F6   14.1.18



群馬の森の中には多くの土塁が残され木が茂っています。このドーナツ型の大きな石、南方の
昔の通貨に似た感じですが無造作に遊歩道の端においてあります。



橋のある風景  F6   14/1/22



一面枯れ草に覆われた井野川です。枯れ草にもいろいろ色が混じり綺麗なものです。



箕郷梅林  F6   13.3.28



高崎郊外の箕郷梅林です。その中に古木の多い場所がありました。



旧大島村の茅葺民家(新潟)  F6    11.6.16



6月の大島村の茅葺民家です。二階建ての大きな家です。


大島村の茅葺民家新潟()  F6   11.6.16



同じ旧大島村です、傾斜地に一軒ぽつんと建っていました。



グリンデルワルド (スイス)  はがき   ペン画に彩色





グリンデルワルド(スイス)  はがき   ペン画に彩色







13年3月更新


ロウバイ咲く宝登山  F6   13.2.22  



満員のロープウエイ高低差236m5分の空中散歩で山頂駅へ、ここからロウバイ咲く斜面を山頂へ人が多い
大きな三脚を担いだカメラマンリユックを背負った老人など、もうお弁当を広げている人々も、お天気に恵まれ
山頂から遠くに武甲山などの山々眼下には秩父の町並その中を蛇行して流れる荒川、目の前には香り漂う
ロウバイの花素晴らしい眺めです。背後から世界が見える世界が見える絵を描いている、子供のにぎやか
な大きな声園児らしい集団が裏山から登って来たのです。目の前に広がる景色を見て驚いたようでした。



板葺きの家(埼玉)  F6   13.2.22



この板葺きの新井家はここより3キロ北にあったのですが町が寄贈を受け昭和50年にここに移築されました。
230年ぐらい前の養蚕農家で屋根は板葺き押さえに石が置いてあります、東側に茅葺の下野がついています
秩父地方ではこのような家が多く見られたようですが現在この1軒残っただけで国指定重要文化財です。



いわだたみ  F6   13.2.22



冬の長瀞は初めてなので寒いかなと思いながら岩畳のある川原へ人がちらほら、時々人を乗せた
舟が下ったり上ったりしています。和舟にコタツがあり暖かい船上から長瀞渓谷の冬景色を楽しむ
ようです。今日は石に腰掛けてのスケッチでしたが寒さを感じませんありがたい日でした。



高崎城址の松  F6   13.2.20



お堀の端に乾櫓と東門が復元され外堀に影を落としていますその一角の石垣の上に白塀を巡らし
1本の老松が市街を見下ろしています。



土塁の中の市役所  F6   13.2.17



土塁と堀に囲まれた中に市役所があます。ここの土塁は他より広いのです古墳ではという
話もあります、それを崩して新しい道を開いたようです。堀に沿って公園に通じる道です。



聖 石 橋  F6   13.2.14



高崎公園の西は崖で烏川が流れていました。今は崖と烏川の間に国道が走っています、浅間、榛名、
赤城目の前の小高い観音山には白衣観音が市街を見下ろしています。眺めのよい所です。



冬の碓氷川  F6   12.2.1



高崎公園の少し上流で碓氷川が烏川に合流しますその少し上流の冬の碓氷川です。



楽山園の梅 (群馬 ) F6   12.3.7



甘楽町にある楽山園の西北側小高い所にあります樹の高さ10m老梅ですで。左の茅葺の
建物は梅の茶屋といい藩主が休憩したり風景を楽しんだところです。



石造りの家  はがき   ペン画に彩色



朝ホテルを出発する間、車の窓から描いた石つくりの家です。



張り出し  はがき   ペン画に彩色



ローデンブルクの街で見かけます、家の門に出窓のように付いていました。





    2012年3月更新

九十九川と妙義  F6   12.2.20

今日は珍しく暖かい日という天気予報を聞き早々と出かけて来ました。この安中市の北のこの辺の山間から
いくつかの川が流れています、その中の一つ西から東へ九十九川が蛇行しながら流れすぐに碓氷川
と合流します、これはその川です。遠くに妙義三山そして左奥に雪の荒船を見ることができました。





冬の九十九川  F6   12.2.20

先ほどの場所より少し上流で川が90度に曲がるところですぐ足元は水の流れです、冬枯れの川は、
まだまだ春は遠いようです。上流から来たおじさん鯉を見なかったかねと声をかけられましたが
川の中を見る間がありませんでした。そのうち下流のほうでいたいたという声がしました。
描き終わってから川の中を覗きながらながら歩くと大きな鯉が泳いでいました。



電柱のある道  F6   12.2.20

この道は九十九川にほぼ沿って田畑や林の中を走る広い立派な道路です。農耕車優先と
書かれた標識が目に入りましたが農道目的に作られた道とは思えないような道です。





ろうばいの郷への道  F6   12.2.15

松井田にあるろうばいの郷です、園内に1200株12000本植えられています。2年前に来たことが
あるのですが今年は満開が1ヶ月も遅い感じですまだ蕾が多く見られました。竹で出来たビニール
囲いのハウスがあり大きな囲炉裏が二箇所赤々と炭火が燃えていました何よりのもてなしです。



満開のろうばい  F6   12.2.15

透明感のある黄色の小さな花が無数に咲きほのかな甘い香りの漂う中の小道を歩くと、早春の
訪れを感じさせてくれますが、今年はまだまだ厳寒です。





少林山と榛名山  F6   12.2.1

今日はあいにく風が強く寒い日となりました。下の川原で描いていたのですが午後この少林山の
裏山から本堂と榛名山を描くことにしました風が幾分弱くなったようで助かりました。



門沢集落(長野)  F6   09.11.9

長野市の北にある集落です。茅葺の家が多数あったようですが今わほとんどトタンを被せた家
になってしまいました。残念に思いますが住む人の身になれば仕方のないことと思います。



牟礼村の民家(長野)  F6   09.11.9

長野市の北山間にに牟礼村があります。そこで出会った茅葺民家です。



フレスコ画の家  はがき   ペン画に彩色

ノイシュバンシュタイン城からミュヘンへ向かう途中寄った集落です家々の外壁にフレスコ画が
描かれていました珍しいですね。




外壁の飾り  はがき   ペン画に彩色

同じ集落ですがこの家は板張りの外壁に作業道具が整然と取り付けられていました一目で
わかります何とも効率よく考えたものです素敵な飾りです。




2011年3月更新

川辺の梅林  F6   11.2.26

群馬の森と井野川の間にある小さな梅林に行って見ましたら満開でした。梅の実が目的でないのか
枝は気ままに伸び放題ですが下草などは綺麗に刈ってあり、梅の香りの中数人の人が手帳を手に
花を仰ぎながら思いにふけっていました吟行でしょうかいいですね。さて一句



臨 江 閣  F6   11.2.2

前橋市内にある臨江閣は明治の始め迎賓館として、市内の有志の募金により建てられました。
県指定の文化財となっておりますが見学したり、また使用することも出来ます。



庭園の茅葺の家(群馬)  F6   11,2,2

臨江閣には立派な茶室又流れのある庭もあります。その中にこの茅葺の家がありました。
後方に高く見えるのが群馬県庁です、展望室からは上毛三山が一望できます。



土屋文明記念文学館  F6   11,2,16

歌人土屋文明は明治23年にこの保渡田の農家に生まれ、高崎中学、東京帝国大学を卒業し文学の道に
進んだ方で業績を記念して短歌と共に生きた生涯を紹介しています。平成2年に100歳の天寿を迎えました。



保渡田の風景  F6   11.2.16

ここは古墳などの多いところです文学館の隣には、かみつけの里博物館もあります。復元整備された
古墳の上に立ち1500年前の古代に戻るのも素晴らしいと思います。



冬の水路  F4   11.2.16

この辺は榛名山の裾が広がり小川の流れが急なのでしょう、所々にコンクリートのダムが出来ています。
上越新幹線もこの辺から地下にもぐり始め時々顔を出しながら谷川岳の下を通り新潟へ向かいます。




赤い柿と茅葺民家(山梨)  F6   10.11.29

山梨県の旧高根町の田舎道を行ったり来たり、茅葺民家を見つけるのは大変です、目に入った時は
嬉しいものです。柿の実が鈴なりでした。



芝 棟 の 家(山梨)  F4   10.11.30

はるか遠くに白壁が光り茅葺らしい家があり心弾ませたどり着いた家です。隣に大きな瓦屋根の家が植え
込みの中にありその家の離れのような感じでした。山梨では珍しく棟に草を生やした芝棟の家です。



コロッセオ  はがき   ペン画に彩色

ローマにあるコロッセオ(円形劇場)で紀元80年に造られた4階建てで5万人収容したそうです。
古代ローマ時代に剣闘士と猛獣が戦ったと聞きました。



十 字 架  はがき   ペン画に彩色

コロッセオの内部です十字架が立っていました。


2010年3月更新

春を待つ桜と白い蔵(小幡)  F6   10.2.17

世界遺産で話題の富岡市の南隣にある甘楽町の小幡は江戸時代織田信長の次男・信雄から七代織田家に
統治されていました。武家屋敷跡や大名庭園など当時の面影を残しています。又街の中を走る大通りに沿って
用水路の雄川堰や古い家並み桜並木が美しく並んでいます。満開の桜の下で武者行列が行われます。



牟礼の茅葺民家(長野)  F4   09.11.9

長野市の北、飯綱高原の東に旧牟礼村があります。10数年前に地蔵久保
という付近で5軒ばかり茅葺民家のスケッチをしたことがあり今でもあるかと
思い通ってみました、1軒だけ見つかりました。立派な母屋は健在です。方向
を変えて2枚スケッチ是は前回と違う方向からのスケッチです。




杉野沢の茅葺民家(長野)  F6   09.11.10

旧妙高高原町の杉野沢の奥に豪快な水しぶきの苗名滝があり一見すべきと聞き、
車を走らせたのですが途中この家が目に入り滝は後回しにして描くことにしました。



茅葺の民宿(長野)  F6   09.11.10

1軒描いたのですがなんとなくまだあるような気がし、集落の奥をうろうろして
見つけたのがこの家です。民宿をやっています。思いがけず2軒もスケッチが
出来上々です。花より団子ならず滝より茅葺民家でした。滝の見物は当分先
になりました。





雪の保渡田  F6   10.2.3

前日の未明まで雪が降ったのですが今朝は高崎の街はほとんど消えたのですが
少し北のここはまだ畑は真っ白です。榛名山も白くなっています描きづらい雪山です。




芽吹き始めた井野川  F6   10.2.3

2月ともなると雪の解けるのも早いようです午前中まであった雪も、日陰だけ
となり緑がところどころに顔を出し始めました。




ガード下の小道  F6   10.1.20

倉賀野が宿場町であった頃この辺に旅籠の拠金によって板橋から石造りの
太鼓橋に架け換えられた橋があったそうですが今は面影もありませんでした。
ガードの上の道は中山道です。



梅の咲く頃  F6   08.3.26

よく行く妙義山の麓の集落です。



街の塔  A4   90.4

ドイツ・ローデンブルグの町です。



城壁と尖塔  F5   90/4

ローデンブルクの町を囲む城壁です。




09年3月更新

湯津上の茅葺民家(茨城大田原市)   F6   08.12.12

大子町から矢板ICへ向かう途中の旧湯津上村でこの茅葺民家にやっと
出会うことが出来ました。屋敷林に囲まれた大きな立派な茅葺民家です。


白羽毛の茅葺(新潟中里村)  F6   08.11.13

塩沢石打ICから松之山へ向かうR353の両側に一軒ずつ向き合うように
建っていました。二階建てで曲屋のようですが増築したのか入り組んだとても
大きな家です、並んだ白い蔵が輝いていました。




白羽毛の茅葺2(新潟中里村)  F6   08.11.13

道路に面して大きなイチョウの木が2本黄色く輝いていて描きたいと思った
のですが家が隠れすぎやむなく裏に回り描くことにしました。




文 殊 橋  F6    08.1.16

前橋郊外の荒砥川に架かる橋です。橋を渡った先は小高い塚になっています。




古立の集落(妙義町)  F6   08.3.26





妙義と高田川  F6   08.3.5




桑 の 木(高崎・保渡田)  F6   09.2.18

養蚕で栄えた群馬も今ではほとんど桑の木を見ることができなくなりました。
ましてこのような高い木はほとんどありません、珍しいので描いて見ました。




古墳への道  F6   09.2.18

トッページ大きくしました。この辺は古墳の多いところです。上毛野はにわの里公園として整備されこの双子山古墳や
八幡塚古墳、かみつけのさと博物館などがあります。遠くの山は全体が上毛三山の一つの榛名山です。




北イタリア・ベニスからフィレンツェ

山頂の城・走る車窓より  A5   92.10




畑の中の一軒家・走る車窓より  A5   92.10