2017年2月更新

どんどん焼き  F6   17.1.10



お正月の行事の一つどんどん焼きが今も昔と変わらず高崎や藤岡の農村で見ることができます
これは藤岡市本動堂の高速道路北側にありました。いつまでも続けてほしい行事です。



市役所の見える坂  F6    17.1.11



国道17号から坂の上り口でのスケッチです後ろは国道を跨いで烏川の流れです。
坂の上りきった所は高崎公園その先お堀の中にこの市役所があります。今日はお天気
が良く冬としては暖かい日でした。この石垣の上に頼政神社があります続けてスケッチ
をしたいと思っています。



新 湊 漁 港  F6   93.10.9



ここからはだいぶ前になりますが車で能登半島を一周したときのスケッチです。能登半島の中ほど向かって
右側にある港です。広い富山湾の先に見えるのは北アルプスの山々ですまだ雪化粧には早いようでした。




造 船 所   F6   93.19.9



大小さまざまな船が横付けされていました



並んだ漁船  F6   93.10.9



漁を待つのか修繕を待つのか雑然と並んでいました



千里浜海岸の夕日  F6    93.10.9



羽咋市にあるこの千里浜海岸は車で走れる3キロのなぎさドライブウエイとなっています。



海岸沿いの林   F6  93.10.9



風が強いのでしょう海岸の松は横になびいています。

ご覧頂有難う御座いした


観 測 所  F6   93.10.9



海岸のちょっと小高い所にコンクリートの建物がありました観測所のようです。





2016年2月更新



かやぶきの里  F6   15.11.13



12月更新の五十沢かやぶきの里の続きです。沢に沿って道がありその両側に点々と家があります
ここには氏神様でしょうか神社があり5.6軒の家がありましたがかやぶきの家は手前の1軒だけで
他に、かやぶきの上にとたんをかぶせた家が2軒ありました。



並んだ茅葺民家  F6   15.11.13 
  


欅でしょうか二股の大きな木の下に2軒並んでかやぶきの家があり右の家の屋根には煙出し
の小さな屋根が付いていました。

最上川の堤防   F6   15.11.13



かやぶきの里五十沢に行くには山形新幹線大石田駅で降りるのですがこの大石田町は最上川最大の
船着場として栄え江戸時代幕府の舟役所が置かれていました。駅から歩いて15分ぐらいの最上川に架
かる大橋という名の橋から上流に舟運文化を偲ばせる白い塀を描いた特殊堤防が作られていると知り
尋ねました。広い川幅一面に静かに水が流れています、堤防上の川側に1m位の高さの塀らしきものが
上流に続いていますがいくら歩いても白い塀を描いた絵が見当たりません舟の上からでないと絵が見え
ないようです。折角なので堤防の上から最上川と大橋それと左に堤防の塀らしきものを描きました。



山のそば屋  F6   16.1.6



これは高崎の観音山の中腹にあるそば屋です、かやぶきの家で大きな囲炉裏に赤々と火が入り
迎えてくれました。



どんど焼き  F6   16.1.14



お正月も過ぎるとどんど焼きの小屋が畑の中に見られるようになります、お天気が良いので少し遅いかなと思い
ながら高崎の北方面に出かけて見ましたありました竹と松葉でできた小屋です、上のほうに赤い達磨がぶら
下がっています。ここで火お点けお正月の縁起物やお餅を焼いて無病息災を願いながら頂くのです。



ろ う ば い  F6   16.1.14



もう少し北の榛名白川の堤防へ行ってみました冬の川原も良いです遠くに榛名山が黒々としています、
梅林があり1本だけ咲いていましたがその横にこのろうばいが咲いていました、良い香りが漂います。



雪の川原  F6   16,1,19



大雪になると困るなと思っていましたが10cmそこそこで太陽も出て静かなので川原へ銀世界です
、川にはないと思った風があり寒い堤防の下を長靴でざくざくと上流から下へやっと風のあたらない
所で1枚、烏川に架かる聖石橋と観音山、山の上には寒いのに白衣観音様が建っています。



冬の川原  F6   14.1.7



街の西を流れる冬の烏川です風の無い日は良いのですが風の日はスケッチはだめです。





2015年2月更新

山頂への道  F6   15.1.21



高崎市街から観音山へ上る車道が3本ありその中のひとつです、きついカーブがいくつかありますが
桜の咲く美しい道路です。山頂からは素晴らしい赤城榛名妙義の三山を眺めることができます。



観音山から市外を望む  F6   15.1.7



今年最初のスケッチ日です近いのでよく来るところです、寒いので車の中で描きました。東に広がる
市街の眺めです、遠くの赤城山頂が雪で白くなっています、年に数回降るのですが今年は早いよう
です。裾に前橋の県庁も見ることができました。冬は遠望がよいのですが寒いので困ります。



観音山のそば屋  F6   14.12.17



観音山の清水寺の山門のすぐ下の崖ふちにそば喰いという怪しげな茅葺屋根の蕎麦屋があり今まで寄り
たいと思いながら門がくぐれなかったのですが、靴を脱ぎ座敷に上がると大きな囲炉裏に赤々と炭が客を
待っていました。客はちらほら品書きも変わっていましたが、もりそばみぞれ汁天ぷらを注文美味しかった
です。朝4時から店の前でそばを打つそうですそば粉は茨城の常陸秋そばを使用しているとの話でした。



東村の茅葺民家  F6   12.7.11



渋川から吾妻川に沿って草津方面に行く道が右に国道左に県道があります。県道を進むと渋川を過ぎ
東村に入るとまもなくこの家が右側に見えます。今までこの道は何回となく走ったのです一度は屋根の
葺き替え中でした車の通りが激しくつい描くことができませんでした。今回棚下の帰りによりました。



棚下の民家  f6   12.7.11



渋川から国道R17を北へ綾戸トンネルの手前で利根川に架かる綾戸橋を渡り右に行くと棚下集落が
あります。静かな集落です茅葺の家が数軒ありましたが今は鉄板葺きです。



ろうばいの郷  F6   15.1.15



安中市の北にろうばいの郷があります今年は20日も早く満開との声に誘われ
出かけました。この日は暖かい日で花は満開甘い香りが漂っていました。



水   門  F6   14.12.23



高崎の南藤岡との境を流れる鏑川にある水門です。川を堰きとめ農業用水を取り入れています。



夕陽に輝く堤防  F6   14.12.23



鏑川と鮎川がここで合流しすぐに烏川と合流その先で利根川に合流します。その鮎川の堤防の上から
赤城山方面を見た風景です。夕陽が沈む寸前で寒さが厳しくなり身にしみましたが綺麗でした。




2014年2月更新

冬の井野川  F6   14.1.8



遠くかすかに見えるのが赤城山です。この日は山の上は雪で白くなっていました。
次の二枚も同じ日に少し場所を違えて描いた井野川です。



冬の井野川 2  F6   14.1.8



下流を向いて描いたのですが午後で遠くは逆光でした。



冬の井野川 3  F6   14.1.8



夕方近くなり遠くにも日が当たり始めました。



踏み切り  F6   13.1.9



高崎市内の上越線信越線の踏み切りです右上は新幹線の高架です。



市役所への道  F6   13.2.30




坂 道  F6   13.3.6



遠くの山は榛名山です。



鬼無里の茅葺民家  F6   03.10.2



色つける前のスケッチです。



高柳町の民家  F6   油彩



ション城 モントール・スイス  はがき (次も同じ)



アルプスの白い峰に囲まれたレマン湖畔に建つ美しい古城です。



ション城
 
 




2013年2月更新

群馬音楽センター  F6   13.1.16



高崎駅の西、水が満々とたたえられた、お堀に囲まれた高碕城址の中に、この音楽センターは1961年に
米国の建築家アントニン・レーモンドの設計により建てられました。高崎市民オーケストラ現在の群馬交響
楽団のホームグランドにふさわしい音楽堂として、市民の大きな力により建てられ現在コンサートや演劇
オペラ各発表会などに利用されています。

 

茅葺民家  F6   12.3.14



埼玉の越生梅林に出かけたときに出会った鳩山町の民家です。屋敷林を背に堂々と建っていました。



12年2月更新



い塀のある  F6   10.11.30

山梨県の高根沢で出会った茅葺民家です。この辺は小道をふらふらすると茅葺民家を
目にすることがあり楽しみなところです。遠くに八ヶ岳を見ることもできます。




茅野の茅葺民家  F6   10.11.30

遠くから茅葺らしき屋根が見えたどり着いた家です。家の前に大きな松が茂り描きづらい
のですが折角と思い何とか描きました。



梨の旧高根沢の茅葺民家です。山梨としては小さな小屋根がついてました。茅葺民家も
少ないのですがこまめに歩くと見つかることがあり楽しみなもんです。



茅野市の茅葺民家  F6   10.11.30

この方面に始めて足を延ばしたのですが探せば茅葺民家がありそうな感じでした。
春になったら又訪れたいと思います。



カテドラル  はがき   ペン画に彩色

スペイン・トレドにあるゴジック様式のカテドラル(大聖堂)の入り口です。



タホ川の橋  はがき   ペン画に彩色

トレドは中世スペインの首都として栄えた、タホ川に囲まれた要塞都市です。
その川に石造りの橋がいくつか架かっています。これは橋の袂です。




2010年2月更新

新潟  F6   09.10.16

新潟県の柏崎から小千谷ヘ国道291号が走っています。途中隣の小国町へ
入ろうとする所にこの茅葺民家がありました。もう1軒ありましたがすでに遅く
つぶれそのままになっていました。






崖の上の茅葺民家  F6   09.10.16

小国町から川西町への途中、高いところに茅葺らしき家が家並みの間からちらり
あわてて車を止め歩いて確認へ、ありました2軒、時間がないので1軒だけ
描くことができました。後は次回のお楽しみにそれまであればよいのですが。



                             09年2月更新


 上岡の茅葺民家 (大子町)  F6    08.12.12

茅葺民家を見つけながら、日本三名瀑といわれる茨城県の袋田の滝へ。
新観瀑台よりの滝は圧巻でしたが、あまり近すぎて滝全体をスケッチする
ことは出来ませんでした。
主な目的は茅葺民家なのですが昨日はやっと二軒。袋田の滝から栃木へ
抜ける国道沿いに三軒そして帰り道の栃木県で一軒だけでした。













堤防と茅葺民家 (大子町上岡)   F6     08.12.12

裏側から見たときは立派な家のようでしたが表側の堤防のある方から
見た所、屋根の痛みがひどくもう人が住んでいないようでした。


陶芸家の茅葺 (大子町塙)   F6     08.12.12

この先に陶芸家が茅葺の家に住んでいるとの話を聞き国道からしばらく
奥へ車を走らせやっとたどり着いた家が、立派な茅葺の長屋門風な門を
構えたこの家でした。屋根の葺き替えの作業中で足場などが組んであり
ました。
母屋の屋根には大きな窓が正面に二箇所側面に一箇所見えました。
珍しい造りの屋根です。
    










日溜まりの茅葺民家 (茨城・緒川村)  f6    08.12.11

袋田の滝へ向かう途中見つかった茅葺民家です。近所の人の話では
裏側が相当傷んでいるとのことでしたが、暖かそうな場所に建っている
のですが、背中の立ち木のせいでしょうか、大きな家ですから葺き替え
も相当な費用でしょう。茅葺の保存の声も聞かれますがなかなか大変
です。











ーナからベニスへ   A6    92.10.19

高速道路を走る車窓からの風景。 山頂の城









二本のポプラ?