2016年12月更

入山集落の民家  F6   16.11.17



横川から碓氷バイバスに入り4キロぐらい左先に恩賀、碓氷軽井沢IC、和美峠を経て軽井沢に抜ける昔からの
街道今の県道があります。その間にいくつかの集落があり入ってすぐの入山にあった切妻民家です。破風が
白壁、柱、梁、貫きらの美しい格子になっていました。この集落に10数軒家がありますが格子の見える家は
他に見当たりませんでした。昨日この奥にスケッチに出かけ帰りに見たので今日また出かけてきたのです。



恩賀の高岩山  F6   16.11.16



現在この高岩山の真下の高岩山トンネルを上信越自動車道が走りトンネルを抜けたところに碓氷軽井沢ICが
あります。手前の横川よりにこの西野牧集落があり5軒ぐらい民家があり生活をしています、近くには縄文時代
の千駄木岩陰遺跡があり地元の古老の話ではこのあたり古くから人が生活をしていたようです。



高 山 岩  F6   16.11.16



この切り立った岩山が高岩山です、戦後進駐軍の射撃訓練所にと言う話のあったところです。

妙義・白雲山  F6   16.11.2



妙義神社近くの道の駅みょうぎ下からの白雲山ですです、これから岩肌がよく見えてきます。



公園の秋  F6   16.10,26



浜川運動公園もだいぶ色づいてきました秋は駆け足でやってきています。



真沢の棚田  F6   16.10.19



10月に続いてです。棚だの横に温泉宿が1軒あります昔から続いている温泉だそうですが建物はモダンでした。



兜造りの茅葺民家  F6   01,11,15



沼田の北川場村にあったのですが妻側は兜造りですが側面は榛名型(ツキアゲニケヱ)となっていました。



水車小屋のある民家  F6   01,11,15


前の兜造り茅葺民家なのですが正面から見ると煙出しが棟と屋根の上の3箇所にあります、厳しい冬
囲炉裏で暖をとったのでしょう珍しい造りの民家でした。並んで茅葺の水車小屋がありました。


有難う御座いました

2915年12月更新



かやぶきの里  F6   15.11.13



五十沢かやぶきの里と知られた山形県村山市五十沢地区です。里山の奥まった沢づたいにある集落で20軒
ぐらいが点在していました。目に付いた茅葺は7軒でしたが家の造りが色々でこの家のような兜造りや寄棟
、切妻,曲り家か中門造りなどが混在しています。残しておきたい里山の原風景ですが雪の多いこの土地
での維持管理は大変なことと思いますが住めば都どうか頑張って残していただきたいと思いました。



かやぶき里の小道  F6   15.11.13



かやぶきの里への小道です、タクシーの来る合間にと紅葉が綺麗だったので急いで描いた
のですがとんだはぶにんぐが車が来て慌てて乗り肝心な絵の具を忘れてしまいました。



暮れ行く最上川  F6   15.11.13



山形新幹線大石田駅近くの東北を代表する最上川です、民謡などで唄われる所なども近くにあり絵描きなどは
四季折々訪ねるようです、この場所も運転士から石段を上った上に絵描き用の家があると上ってみましたが
戸締めでした残念。午後に着いたのですが蛇行している場所で右半分が陰になっています日の射している
左を明るく描きたかったのですが暗くなってしまいました、弱ったものです我慢してみてください。



寄り添う椎の大木  F6   15.11.4



群馬の森の大きな芝生広場の東側にある大木です、夏は木の下で涼むことができます。



黄葉の中の東屋  F6   15.11.4



群馬の森の中には東屋が点在しています四季移り行く景色をゆっくり楽しむことができます。
この場所はほとんど黄色のようですが紅いもみじなどもあり綺麗です。



欅の大木  F6   15.11.4



群馬の森正面入り口を入ると前方に見えるのがこの欅です。10月から描いたのですが、なかなか
黄葉にならずやっと彩色することができました。



とちのき並木
  F6    15.10.28



群馬の森正面入り口前の並木です。なかなか思うような黄葉にならずやきもきしながら描きました。
大風が吹けば一夜にしてなくなってしまいます。



水 辺  F6   15.9.30



群馬の森の駐車場から入り口への橋の下の小さな小川です、ススキが風になびいていました。



日本の民家(長野・山梨・埼玉・ぐんま・新潟)201611〜200811
            茅葺民家や古い建物などです


2014年12月更新


長野の茅葺民家 (長野) F6   13.5.9



野尻湖の奥にあった民家です。この付近にまだ茅葺の家が残っています残雪の山は妙高です。



戸隠の茅葺民家(長野)  F6   10・5・14



4年前に描いた茅葺民家ですがすでに相当痛んでいました、生活はしているようでしたので葺き替えが
できたか訪ねたいと思っています。

2013年12が月更新



山梨の茅葺民家 (山梨) F6   10.11.29



旧高根町にあった茅葺民家です。庭の緑の煙突のようなものは刈り込まれたつげのような庭木です。
棟には草が生えている立派な家でした。



秩父の茅葺民家(埼玉)  F6   06.11.14



秩父市の荒川の高台にあった家ですこの付近には何軒かあったようですが見当たり
ませんでした。の家は文化財に指定されています。

2012年12月更新



ねどふみの里(群馬)  F6   12.11.5

この茅葺民家は昨年9月にやっと見つけ描いたのですが草木が茂りよく家が見えません
でしたので、今年葉の落ちるこの時期を待ち出かけ描きました。





2011年12月更新                保存地区赤岩 (群馬) F4   11.11.2    

赤岩地区は南北に走る道があり両側に幕末や明治時代の養蚕農家や土蔵、石垣などが多く残っています。
この草津町に接する旧六合村赤岩地区は現在「赤岩重要伝統的建造物群保存地区」 となっています。




小屋根のある家(群馬)  F4   11.11.2

養蚕農家でしょうか屋根に煙出しの小屋根が付いていました。珍しい火の見もありました。




長英の隠れ家(群馬)  F6   11.11.2

同じ赤いわ地区のこの隠れ家、湯本家は江戸時代から医者を務めていました。三階建ての土蔵造りです。
二階に蘭学者の高野長英がかくまわれていたといわれ長英の間が残されています。高野長英は
今の岩手県の武士の子で長崎に行きドイツ人のシーボルトに蘭学を学びました。シーボルト
事件が起こると逮捕を逃れるため姿をくらましたといわれますそのとき隠れたのでしょうか。





浅間と茅葺民家(長野)  F6   11.10.26

軽井沢の西、発地地区にあった茅葺民家です。よく晴れ浅間山がくっきりと姿を現していました。




稲  架 (群馬) F6   11.10.19

水上温泉の奥の藤原です、残り少ない茅葺民家の前に稲架が並んでいました。

2010年12月更新



集落の荻の島 (新潟) F6   95.11.6

15年前ごろ新潟の高柳町方面に茅葺民家のスケッチに時々出かけていたのですがしばらく
ご無沙汰、この秋行ってみようと思い、今日か明日かと天気を気にしているうちに
時期を失ってしまいました。当時のスケッチブックから拾った荻の島です。






曲家の茅葺民家(新潟)  F6   95.11.6

この辺では珍しい造りの家ですおまけにトタン屋根の二階家が増築されていました。





茅 葺 民 家(新潟) F6   95.11.6

高柳町の中にあるこの荻の島は田圃の周りに茅葺民家が建っています、「環状集落」といい珍しいい集落です。


2009年12月更新




門 沢 集 落(長野)  F6   09.11.9

長野市の北やや西よりに門沢集落があります。善光寺から直線で約4キロリンゴ畑の多いところです。
収穫したリンゴが木箱に入れられ道端に積み上げられた影に人の姿が、茅葺民家はありませんかと
声をかけると30年前だらねという答え。周りに茅葺にとたんをかぶせた家が多くあるのですが。

  



門沢の茅葺民家 (長野) F6   09.11.9

1軒ぐらい残っているのではと他の集落へ車を走らせると、ありました道路より一段低いところに茅葺の
屋根が見えたのです、一寸見逃すところでした。まだしっかりした寄棟の大きな茅葺民家です。
茅葺の蔵などもあります、お天気も上々道端に腰を下ろしてのスケッチでした。





リンゴ畑の納屋(長野)  F6   09.11.9

集落近くなり遠くに茅葺らしき屋根が喜んで近づくと納屋のような感じです。立派な茅葺の屋根です。
昔は人が住んでいたのかなと思いました。




これより以前の茅葺民家や古民家は日本の民家にあります