2017年11月更新

公園の紅葉  F6   17.10.27



雨の日が続きましたが昨日に続いて今日も晴れ高崎公園へだいぶ色づいてきました銀杏の大木がある
のですがもう一息のところです、池の端にある東屋に覆いかぶさるように紅葉が始まっていました。



銀 杏 並 木   F6   17.10.27



市内の歩道に銀杏が多く植えられています高崎音楽センター北側の並木です。
実が落ち始めてきまし食べる時はよいのですが生を踏むと独特の臭いがします。



紅葉始まる  F6   17.10.26



やっと今日は晴れ、群馬の森公園の大広場を囲むようにある木々も紅葉ですが黄色が多いようです。



夕陽を受けた黄葉  F6   17.10.18



公園内から夕陽を受けた並木の黄葉です。



紅葉始まる  F6   17.10.18



公園内に自転車で回れる専用の道があります紅葉の中を走るいいですね。



ススキ揺らぐ  F6   16.11.30



高崎郊外の烏川と榛名山です。左上のグリンのところに小さなゴルフ場があったのですが芝生は
そのままで市民公園になりました。そのうち出かけたいと思っています。



茅葺のそば屋  F6   16.1.23



2年前に裏側からのスケッチを載せてありますが信州戸倉駅の左前にこの大きな茅葺の家があり
ますそれがそば屋です。元は造り酒屋で裏に大きな蔵が幾つもあり資料が展示されています。



2016年11月更新

円覚寺山門(神奈川鎌倉)  F6   52.9.17 



今月はスケッチを始めた頃に描いた鎌倉ですが懐かしかったので載せました。まず調べておいた
北鎌倉駅で下車駅の北側山の中にある寺の山門を描きました。1282年(弘安5年)建立です。



門前の茅葺民家(神奈川)  F6   52.9.17



円覚寺の南に、あじさい寺として知られる名月院があります。その上り口にこの茅葺の家がありました
何とも可愛い姿です、その後アジサイの咲くとき訪ねた時にはまだありましたが今わどうでしょうか。



浄智寺の石段  F6   52.9.17 



線路の反対側駅の南にあります。磨り減った石段の先に立派な山門が見えます梵鐘を下げた
鐘楼門です。寺は1281年(弘安4年)の建立で円覚寺より1年古いようです。 



杉本寺への石段  F6   52.9.17



この杉本寺は前の三つの寺より離れたた鎌倉八幡宮の東南にあります。鎌倉のお寺は
小高い山の上にありほとんど石段を登りますこのお寺も急な石段で途中一息つく踊り場
がありました。石段の両側に十一面観音と書いた大きな奉納旗が揚げられていました。



茅葺の杉本寺(神奈川)  F6   52.9.17



734年(天平6年)建立の鎌倉最古の寺で石段を登りつめた所にこの観音堂があります。
御本像は三体の十一面観音像ですお堂の周りには奉納幡が揚げられていました

街道沿いの茅葺民家(神奈川)  F6   52.9.17



杉本寺の東に光触寺と言うお寺がありrその近くの街道に面して建っていた茅葺民家です。
以上が鎌倉で慌てながら描いたスケッチです、又行きたいのですが思うばかりです。



黄金色の棚田  F6   16.10.5



電車で草津温泉に向かう途中渋川で上越線から分かれて吾妻線となります、渋川から3つ目に
小野上駅があり山側の上にあまり大きくないのですが何箇所か棚田がありました。
す 

稲架のある棚田  F6   16.10.19



上越新幹線上毛高原駅から北西へ車で10分ぐらいの場所にあります。急な斜面に10面ぐらい細い田があり
良い感じなのですが描く場所が見つからず頭の痛いと所です。この日は稲刈りが終わり干したところでした。

今月もご覧頂有難う御座いました


2015年11月更


黄色のコスモス  F6   13.9.29



高崎の西にある鼻高展望花の丘に咲いている黄色のコスモスです。地域のボランテイアグループが遊休農地
を利用し「展望花の丘」として花などを植え年間を通して花が咲き、訪れる人々を楽しませてくれます。

 

丘に咲くコスモス  F6   15.1014



同じく展望花の丘に咲くコスモスです。名の通り展望がとても良い所です。浅間山はじめ上毛三山、
妙義、榛名、赤城山が一望ですこのコスモスの後ろの山は榛名山です。

2
造り酒屋がそば店(長野)  F6   15.10.22



信州戸倉駅前国道18号昔の北国街道沿いに大きな茅葺の造り酒屋がありました。数十年前には戸隠白馬への
道としてよく通り、いつかスケッチと思っていたのですがその家がそのままそば屋になったと知り出かけました。
家の隣に駐車場が出来古風な門をくぐると広い庭があり奥には白い蔵が数棟並び、人の倍の高さがあるよう
な木の樽もあました。そば店には裏から入ります築250年昔の面影を残す重厚な雰囲気が感じられる中で
いただく石臼挽きの二八そば細い仕上がりで喉越の良いそばでした。蔵は資料館になっていました。



姨捨の棚田  F6   15.10.22



姨捨田毎の月の棚田を描きに来たのですが、とても広く1500枚の田があるそうですがどこを切り取ったらよいか
戸惑うばかりです。稲刈りは終わりでもう耕運機で田おこしが始まっていました。やっと描いた1枚です。



長 楽 寺(長野)  F6   15.10.22



姨捨山の伝説のある所の名刹です。茅葺の本堂、観音堂、月見堂が姨岩を背に建てられています
天保5年(1834)年に再建されたようです。境内にはいくつもの句碑が建っています。手前が本堂左
赤いもみじの奥が観音堂其の隣が姨岩画面のすぐ外に月見堂がありました。



上田城西櫓(長野)  F6   15.10.23


信州上田駅の近くにある平城で真田氏の居城として天正11年(1583年に)築造され江戸時代には
中山道の追分宿から越後への北国街道の宿場町として栄え今も柳町や塩尻の通りには昔の面影が
色濃く残っていました。また足を運びたくなりました。
城は現在本丸と二の丸にあたる所が城跡として公園になり隅櫓や石垣、土塁が残っています。櫓は
3つあり2つが見あげるような所に建つています。その1つがこの絵です下は芝生で手前は大きな
駐車場です城の中にもありどちらも無料で驚きました。芝生の上ではイーゼルを立て絵を描く人が
20人ぐらい櫓とにらめっこをしていましたがその中の1人が私です。

黄葉の榎木   F6   14.11.5



群馬の森公園正面入り口の前に小川があり橋が架かっています、其の少し下流付近に立つとこの見事な
榎木が目の前に迫ります。



ハナミズキの紅葉  F6   15.10.28



公園に入り右に進む道に並んだハナミズキです何本でもないのですが今紅葉の盛りでした。

ご訪問いただき有難う御座いました


日本の民家(長野・福井・群馬・青森。新潟)2016〜2008
茅葺民家や古い建物です

2014年11月更新


海 野 宿(長野)  F6   14.10.1



軽井沢の隣追分で中山道と分かれ長野善光寺へ向かう北国街道があります、その街道に上田があり
その少し手前に海野宿があります。道の両側に格子戸の家が続きます海野格子と出桁造りの家です。
また江戸時代からの卯建も多く見られますこれは防火壁です。重要伝統建造物群保存地区です。



トタンを被せた茅葺民家(長野)  F6   14.10.1



海野宿の入り口に白鳥神社がありその隣にあった家です。手前の家が茅葺の家だったのですが
今はどこでもかぶせた茅葺の家が多くなりました残念ですが維持管理が難しい、時代ですね。



在原の茅葺民家(福井)  F6   14.4.7



まだ雪囲いが取りつけたままですこの辺は豪雪地帯だそうです。



2013年11月更新              森のホテル(長野)  F6   13.10.2



おなじ三笠ホテルの奥のほうです。紅葉の始まりですが午後の日を浴びて
綺麗に光っていたのですが良く描けませんでした。



長野の茅葺民家(長野)  F6    13.5.9



旧三水村の民家です家の前に大きな柿の木がありましたがまだ芽を吹いていませんでした。



大きなケヤキ(長野)  F6    13.5.9



同じ旧三水村です県道を走る車の中から、ちらっと茅葺屋根らしきものが目に入り戻り横道を少し
入った、小高い所にあった茅葺民家です。大きなケヤキが芽吹いたばかりでした。


2012年11月更新

 
               追貝の茅葺民家(群馬)  F6  12.10.16

沼田市の東、旧利根村追貝に1857年に建てられた茅葺民家の屋根の葺き替えが始まるという新聞
記事を見たのが数年前でしたがやっと尋ねることができました。木造平屋建(300u)て入母屋造りの
堂々とした立派な家です。維持管理が大変でしょうが長く保存して頂きたい家でした。



稲架のある風景(群馬)  F6   12.10.16

茅葺の家の隣は道を挟んで田圃になっていました。刈り取った稲が干してあり静かな農村です。
  帰りに吹割の滝に向かったのですが滝へ下る途中に十割新そばの看板矢印に沿って右へ林の中に二階建ての
 蕎麦屋がちょうど吹割りの滝の上です、広い座敷があり壁には絵手紙が所狭しと貼られていました美味かったと
 いうもので座卓の上にもアルバムが、色紙がある店はよくありますがこれだけの絵手紙は初めてでした。
 美味しいそばでした、そば粉は北海道の丸抜きとのことで白いそばです、時間的に客もいずそば打ちの話を聞
かせて頂き勉強になりました。若そうなご主人と奥さんの二人で店の名前は「水石」とありました


   



南郷の曲家(群馬)  F6   06.11.5

追貝の民家と同じ旧利根村で沼田寄りの日影南郷と言う集落にありました。尋ねたときは修理中で
庭など散乱していましたが何とか描きました。曲家は雪国に多い建物で群馬では見たことがありま
せんでした、しかし棟は群馬にもある芝棟になっていました。もう一度出かけたいと思っています。



茅葺のバス停(長野)  F4   11.10.17

昨年和田峠方面に出かけた時のスケッチです。車で走っていると何箇所かで見かけましたので
和田峠の名水の水飲場の所に有ったのをスケッチしました。茅葺の待合室です珍しいですね。
待合室の前にはバスを待つ旅行者のでしょうかカートが置いてありました。


2011年11月更新



接待所(永代人馬施行所)(長野)  F6   11.10.17

  40数年ぶりに中山道を和田峠へ向かいました。峠にさしかかる所に男女倉集落があり道が二つに分かれ
左は峠の下をトンネルでくぐる立派な道路、右が山の中を曲がりくねった中山道でしばらく行くと
右に茅葺の施行所がありました。大型のトラックがこの山道をひっきりなしに通っています。
 江戸呉服町の豪商が中山道の難儀を幾分でも助けようと金千両を幕府に寄付した。その金の利子百両を
碓氷峠の坂本宿とこの和田宿に50両づつ下付し。文政一年(1828)に設置された施行所の一つである。
11月から3月まで峠を越える旅人に粥と焚き火を、牛馬には年中小桶1杯の煮麦を施行した。その後山抜
けにより流失したが嘉永5年(1852)現在地に再建され明治3年まで続けられた。と説明板がありました。
今から180年前のことです風雪の山道を歩きたどり着いた所でのもてなし心温まるお話ですね。
現在の接待所は昭和58年に復元されたものだそうですが接行所で残っているのはここだけだそうです。

 



男女倉の茅葺民家(長野) F6   11.10.17

10軒そこそこの集落ですが茅葺の家が3軒、目に入りました。一軒はすでにトタンが被せてありました。
この家は立派な造りで白壁の蔵もありました。生活は前にある新築した家でしているようでした。



ススキの茅葺民家(長野)  F6   11.10.17

同じ男女倉の茅葺民家です紅葉に囲まれていました。間口のとても広い家です。



窪城の茅葺民家(長野)  F6   11.10.17

笠取峠を下ると長久保宿ですその先に中山道から分かれて大門峠を越えて茅野へ向かう道があります。
そこに広重が描いた落合橋があると知り尋ねましたが描いた絵と感じが違うようでした。少し先にそば畑
があると案内にあり向かうと何と茅葺の家が街道に沿って建っていて驚きでした。早速腰をおろし一枚。

2010年11月更新



吹 雪 囲 い(青森) F6   10.7.6

五所川原・金木町の茅葺民家です。このこの辺は吹き荒れる地吹雪地帯だそうです。
道路側に面し家の高さほどもある板囲いが設けられています。この道路沿いに
3軒の茅葺民家あり、同じような囲いがしてありました。



丸い灯油タンク(青森) F4   10.7.6

この家は母屋の表側に下屋がありガラス戸が入っていました。またこの辺の
家には大きな灯油タンクがあるのですが珍しく丸型でした。



アジサイ咲く茅葺民家(青森)  F6   10.7.6

庭に赤や青のアジサイが咲き始めていました。広い道路に面しているのですが静かです。
屋根には煙出しの小屋根がまた下屋も作られガラス戸が入っていました。



並んだ茅葺民家(青森)  F4   10.7.6

金木町の近くなのですがこの家は旧中里町の集落にあった家です。集落の中に
水路がありその両側に広い道路があり、その外側に茅葺民家が並んで建ってい
ました。茅葺民家は農家と思っていましたがこの辺では非農家の家も茅葺で
出来ているようです。米どころなので稲藁があり使うのかもしれませんね。

2009年11月更新



良寛の五合庵(新潟)   F6   09.10.15

新潟の弥彦山の西側にある国上山の中腹に茅葺の五合庵があります。良寛は40歳の年の1793年頃
から20年間ここで過ごしました。出雲崎の名主の長男として生まれ諸国行脚の末ここへ来たのです。
現在の五合庵は大雪で倒壊した後、大正3年に創建当時と同じに再建され95年も経った建物です。
五合庵という名前は、すぐ近くの国上寺の万元上人が毎日米五合を給したことから名がついたと
いわれています。



佐渡を望む茅葺民家(新潟)   F6   09.10.15

国上山の下の集落に茅葺民家があったと聞いていたのですがすでにトタンで覆われ茅葺の
家はありませんでした。一軒でもあればよかったのですが残念でした。
出雲崎にも茅葺民家があったと聞いていたので海岸に沿った国道を出雲崎へ街の中のスタンド
で給油しながら尋ねるも無いとの返事、無駄足かと思いながらも国道に沿った町を車で何回か走
らせ一休みと国道の端の広いところに車を止めると、目の前に茅葺の家が目をパチクリ立派な
茅葺民家でした。



  
 坂道の茅葺民家(新潟)      09.10.15

前の家の南、坂の途中にあった茅葺の家です。早く手を入れたい感じの家でした。