2016年10月更新


石段に咲くコスモス  F6   16.9.21 



浜川運動公園の横を流れる井野川の堤防の石段のコンクリートの隙間に咲いていたコスモスです。
野に咲く花は強いものですね驚きました。



ススキ咲く頃  F6    16.9.21



今年の秋は不順な天候で雨が多くやっと、うす雲の中に十五夜の月を見ることができました。
野に出るとコスモスや彼岸花が満開でした。



二度上峠の浅間山  F6   09.9.10



時々足が向く峠です四季折々変化がありスケッチによいのですが浅間が雲に隠れ見えないときはがっかりです。



浅間牧場よりの浅間山  F6   06.9.30



とても広い牧場で草原や林などもあり色々な角度から浅間を描くことができます。



紅葉の中のレストラン  F6   14.10.27



二度上峠を下り北軽沢近くのレストランです。秋も深まり紅葉に包まれていました。



公園に茂る木々  F6   13.9.4



群馬の森の園内の木々ですがまだ秋には早いようでしたでした。



上発地の茅葺民家(群馬)  F6   04.11.17



堂々とした茅葺の家です残しておきたいですね、もう屋根がトタンで覆われているかもしれません、
そのうちに行ってみたいと思っています。



上発地の茅葺民家2 (群馬) F6   04.11.17



前の家の近くにありましたが木に囲まれ見づらいところにありました。屋根裏に部屋があり
採光のために屋根が大きく切り上げられています。この地方では珍しい造りです。



2015年10月更新           (山形・群馬・長野・新潟・青森)2016〜2008
茅葺民家や古い建物などで



楢 下 宿  F6 (山形)  07.5.24、





楢 下 宿(山形)  F6   07・5・24



東北の諸大名が参勤交代の宿場として賑わった所で山形の米沢市の北にあります。向井潤吉の描いた
絵には茅葺の家が残り当時の面影がありますが今はやっと10軒足らずの家が散らばり3軒文化財に
指定されていました。

2014年10月更新


武 家 屋 敷(群馬)  F6   14.9.17



楽山園の近くに大名が通った道幅14mの中小路があり白壁の武家屋敷が残っています勘定奉行の高橋家です
池や滝などのある庭園は当時の面影を残しています。路の両側は石垣や竹垣また白壁で造られています。



片品の茅葺民家(群馬)  F6   14.5.8.



群馬の北、片品村の尾瀬へ行く国道沿いにあった茅葺民家です。入母屋造りの家ですが屋根の中央部を
突き上げここに窓を造り屋根裏へ光を届くようにした(ツキアゲニケヱ)造りになっていました。



片品の茅葺民家2 (群馬) F6   14,5,8



前の家と反対側路地の奥にあった家です。おいしそうなほうれん草らしき青々とした畑の奥に茅葺屋根が
見えます。二階建ての大きな茅葺の家ですが樹木に囲まれあまりよく見えませんでしたが描いてみました
屋根には煙出しの子屋根がついています養蚕農家だったのでしょうか。

2013年10月更新



雪山の見える茅葺民家(長野)  F6    13.5.8



長野県の北部飯綱町(旧三水村)の茅葺民家です。家の前が高くなっていて遠くの残雪の山を
描くことができました。



堂々たる茅葺民家(長野)  F6   13.5.9



同じく旧三水村の茅葺民家です。広い道路から少し入った所に建っていました。正面左から描いた
のですが庭の立ち木に邪魔され大きな感じが出なかったのですが。夕方反対側から見たところ
逆行の中に大きく居座っていましたので再度挑戦しました。



埋没した民家(長野)  F6   11.9.13



鎌原観音堂の石段の手前にこの家があります。天明の浅間山の大噴火で埋没した茅葺民家を
掘り出し復元したのだそうです。

12年10月更新



秋たけなわ(新潟)  F6   08.11.12

新潟・松之山の紅葉に包まれた民家です。この辺は豪雪地帯です
もうすぐ雪の到来でしょう。





2011年10月更新              鎌原観音堂(群馬)  F6   11.9.13

軽井沢から鬼押ハイウェーを北上した嬬恋村鎌原地区(当時は村)に鎌原観音堂があります。
天明3年(1783年)浅間山の大噴火で鎌原村は一瞬にして埋没、観音堂に駆け上った村人93人が
奇跡的に助かりましたが他の村人477人と118戸の全村の家が埋没してしまいました。
観音堂の石段は現在15段見られますが調査の結果元は50段でこれだけ埋没せずに残ったのです。
現在当時の子孫の方が隣家の接待所で訪れる人々にお茶の接待をしたり又語り継がれた当時の
様子をお聞きすることも出来ます。左が観音堂右が接待所です。

3010年10月更新




兜造りの茅葺民家(青森)  F6   10.7.6

五所川原北部の金木町周辺には広い道路に沿って多くの茅葺の家が建っています。
この家は道路に面した妻側が兜造りになっていました。今回40数軒の茅葺民家に
出会えたのですが兜造りは2軒だけでした。



大きな茅葺民家(青森)  F6    10.7.6  

間口が十数間大きな茅葺の家で寄棟平屋建てです。煙出しの小屋根も付いています。
又正面の屋根を少し持ち上げて造った煙出しもありましたが小さなものでした。



道路標識 (青森) F4   10.7.5

描いているうち人も車もほとんど通らない道路でしたがか30キロの標識が立っていました。



赤い自販機 (青森) F4   10.7.5

丁字路の門に茅葺の酒店がありました。茅葺の屋根は葺き替えてまだあまり年月が
経っていないようでした。



白 い 蔵 (青森) F4   10.7.5

今回始めてみる蔵のある家です。道路に面して大きな石積みの塀が造られていました。







2009年10月更新 

             
ススキ揺れる小宿 (群馬)
 F6  03.9.17

長野原町の西、嬬恋村に接する所に小宿集落があり数軒の茅葺民家が残っていました。
数回足を運んで描いた内の1枚です。





白 い 蔵 (群馬) F6   03.9

群馬北部にある新治村です。一面黄金色の中に白い蔵が光っていました。



 

ブルーノ・タウトの旧居(群馬)  F6   02.12.4

タウトはドイツ人で建築家であり工芸家でもありました。ナチ政権時代に身の危険を感じ日本に
亡命し全国を旅し、日本の文化を深く理解した人です。高崎の建築家の知遇を得て、少林山境内
にあった洗心亭という建物に滞在することになり、工芸の指導を行いました。